ロシアの主要なウイルス研究所が爆発 HIV、エボラ、炭疽菌、天然痘など貯蔵~ネットの反応「ひぇ…」「復活の日2019」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

【原因不明】ロシアの主要なウイルス研究所が爆発 HIV、エボラ、炭疽菌、天然痘など貯蔵

公開時間:2019年9月16日14:01

 
シベリアにある世界最大のウイルス研究センターの1つは、エボラ、HIV、炭thrなどの株で知られる秘密の化合物を突然爆発させた後、炎に包まれたと伝えられています。
ノボシビルスクから数キロ離れた科学の中心地であるコルトソボで発生した火災に対応するため、月曜日に消防士と救助隊がスクランブルされました。爆発と火災がベクター研究所と呼ばれるロシアのウイルス学とバイオテクノロジーの研究センターに影響を与えたため、状況は通常の緊急事態から重大な事件にすぐに改善されました。

この研究所は、エボラと肝炎のワクチンを開発したこと、および免疫学を取り巻く流行と属の問題を研究したことで知られています。冷戦中、それは現在廃止されているソビエト生物兵器プログラムの一部であると考えられていました。つまり、天然po、エボラ、炭thr菌、および特定のペストなど、最も危険な株のいくつかは研究所の建物内にまだ保持されています。

そのことを念頭に置いて、緊急事態省の地方支部は迅速に電話に応答し、13の消防車と38の消防士を送り込み、到着後数分で6階建ての建物に入りました。

火災があり、すぐにいくつかの4階に消滅した「建設工事」とはされていたに行います。

関連記事
また、RT.COMで、天然BIOの
バイオテロ攻撃は10年間惑星を破壊する可能性があります
https://www.rt.com/news/452079-smallpox-bioterrorist-attack-devastate-planet/

地方当局による報告は、詳細については明らかに軽微であり、さまざまな情報源が、建設現場で火災を引き起こしたのはガス爆発であったことを示唆しています。1人の建設労働者が足に火傷を負い、外傷治療のために病院に運ばれた。

コルトソボ市長は、彼の側では、この地域では有害物質の放出はないことを国民に保証しました。それでも、爆発の原因は不明のままで、調査が開始されました。

https://www.rt.com/russia/468919-russia-virus-lab-blast/
翻訳: Google
ファイル写真©疾病管理予防センター/ロイター経由の配布資料

管理人
ネットの反応
名無し
ゲームの設定キター!
名無し
パンデミック、バイオハザード
どっちでもいいが
爆発して消滅したならともかく
誰かが持ち去っていたら、怖いな。
名無し
こいつらいつも人為ミスで超ヤバイ施設を爆発させてるよな
名無し
このチンピラ国家マジで問題しか起こさないな
名無し
>月曜日に消防士と救助隊がスクランブルされました。

この消防士と救助隊は家族の元に帰れましたの?
名無し
復活の日?
ボンド?
ハント?
アンブレラ社?
名無し
世界の終わりの始まり?
名無し
ひぇ…
名無し
復活の時だっけ?草刈正雄主演の映画。
子供ながらに感動した。
それいらい世界滅亡に憧れてる。
名無し
復活の日、だな。角川映画。
原作では徐々に世界が蝕まれ、死滅していくのを淡々と綴り、後半も後半になって映画のシーンに。

名無し
復活の日2019
名無し
また派手にやったねボンドくん
名無し
シベリアでは何やっても良いんじゃね?
と 露助は思ってるからなw
名無し
はじまったな
名無し
バンデミック来たな
名無し
その後の住民の安否が気になる

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする