<BBC> ウイグル弾圧、習主席や李克強首相らの関与示す「新疆文書」が流出 強制収容や大規模な不妊手術、工場で強制労働などの政策が記載 =ネットの反応「BBCはウイグル問題については秀逸だな、何の証拠もないと言い切る公明党山口代表はBBC見ないのかな?」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




ウイグル弾圧、習主席らの関与示す「新疆文書」が流出

習近平国家主席をはじめとする中国の指導者たちが、同国の少数民族ウイグル族の弾圧に関与していることを示す文書の写しが、このほど新たに公表された。

この文書は、ウイグル族に対する人権侵害を調べているイギリスの独立民衆法廷「ウイグル法廷」に9月に提出されたもの。これまで一部が明らかになっていたが、今回のリークで今まで確認されていなかった情報が表面化した。

複数のアナリストは、この文書の中に中国政府高官がウイグル族の大量収容や強制労働につながる措置を求めたことを証明する発言記録が含まれていると指摘する。

中国はウイグル族に対するジェノサイド(集団虐殺)を一貫して否定している。

ウイグル法廷はウイグル問題が専門の学者3人、エイドリアン・ゼンツ博士、デイヴィッド・トビン博士、ジェイムズ・ルワード博士に対し、文書が本物であるか確認するよう依頼した。

「新疆文書」

このほど内容が明らかになった文書は、多くのウイグル族が暮らす地域(新疆ウイグル自治区)にちなんで「新疆文書」と呼ばれる。習主席や李克強首相ら中国共産党の指導者たちが、ウイグル族や中国のほかのイスラム教徒に影響を及ぼす政策に直接つながる発言をしていたとしている。

こうした政策には強制収容や大規模な不妊手術、強制的な中国への同化、「再教育」、拘束したウイグル族を工場で強制労働させることなどが含まれる。

米紙ニューヨークタイムズは2019年に同紙にリークされた同一の文書について報じていたが、当時は全ての内容が公表されていなかった。

ゼンツ博士は今回の文書に関する報告書の中で、文書を分析したところ、中国政府トップらの発言と、その後にウイグル族に対して行われた政策との間には「これまでの理解をはるかに超える広範で詳細かつ重要な関連性がある」ことが示されたとしている。

全文はリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/6b116ad23fcbd15ecab628287747bb20d7e39937

関連記事




管理人
ネットの反応
名無し
もともと自国民ですら何千万人と独裁者の気分で犠牲にしてきた国だし六四天安門事件や香港弾圧など近年でもその習性は変わらない。
大戦後の体制はナチスドイツの行いの反省のもとにあったはずなのに現代でナチスを超える悪行を容易に行う中国共産党は地球に存在してはいけない体制です。
名無し
共産/社会主義は、貧しい民が革命で支配者を廃し、まとまって営むため、多様性を認めない。
独裁者しか生まれないし、これまでの社会実験で失敗が証明されたシステム。
公安にマークされている日本共産党は、いったい何がしたいのだろうか?
名無し
これが明白になれば五輪を行う資格があるのかどうか疑問に思う。ただでさえ新規の変異株の問題もあるのに。
名無し
BBCはウイグル問題については秀逸だな、何の証拠もないと言い切る公明党山口代表はBBC見ないのかな?
対中非難決議も採択せず日本版マグニツキー法も潰してしまった岸田政権も同じくだが
名無し
21世紀の現代において、このようなことは看過できない。
アスリートには気の毒だが、国際社会は北京五輪はボイコットすべき。
名無し
五輪を目前にしてのテニス選手の告白やウィグル自治区に関する習氏の文書流出…
中国国内の権力争いも水面下で色々あるようですね…
名無し
また強面の趙立堅報道官が、アメリカ、イギリスは内政干渉を止めよ! 行き過ぎた捏造、妄言には看過できない、断固として抗議する。なんて怒るんだろうな。
名無し
さあ、どこから突き崩せるかだな。
まあ、こういう独裁国家が遅かれ早かれ内側から崩れていくことは歴史が証明している。





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Share: