時事ニュースのネットの反応まとめブログ

アノニマス ポスト

米研究チーム、「現実には実現不可能」と言われてきた「巨大な宇宙船が何光年もの距離をワープによって一瞬にして移動」する「ワープ・バブル」の生成に世界で初めて成功したと発表 =ネットの反応「なるほどわからん」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




世界で初めて「ワープ・バブル」生成に偶然成功

「巨大な宇宙船が何光年もの距離をワープによって一瞬にして移動する」といったSFでおなじみのワープ・ドライブは、これまで「現実には実現不可能」といわれてきました。ワープ・ドライブを実現するには宇宙船を亜空間の場である「ワープ・バブル」で包む必要がありますが、新たにDARPA(国防高等研究計画局)から資金提供を受けてワープ・ドライブとは全く別の研究をしていた研究チームが、ワープ・バブルを偶然に出現させたと報告しました。

DARPA Funded Researchers Accidentally Create The World's First Warp Bubble - The Debrief
https://thedebrief.org/darpa-funded-researchers-accidentally-create-the-worlds-first-warp-bubble/

ワープ・ドライブは物理学者のミゲル・アルクビエレ氏が提唱した「アルクビエレ・ドライブ」という理論に基づいています。SFドラマシリーズ「スター・トレック」に登場するワープ航法をヒントとしたアルクビエレ・ドライブは、「宇宙船の後方の時空を膨張させ、同時に前方の時空を収縮させることで宇宙船を動かす」という、いわば時空の波に乗ってサーフィンをするように航行する考え方です。

アルクビエレ・ドライブは学術的には評価されたものの、実現のためには特殊な材料と膨大なエネルギーが必要であることから、実用化は不可能だと考えられてきました。しかし、2013年にNASAのジョンソン宇宙センターにある「イーグルワークス研究所」を創設したハロルド・ホワイト博士は、アルクビエレ・ドライブの測定基準に手を加えることで、特殊素材やエネルギーの使用量を大きく削減できることを突き止めたとのこと。これを受けて非公式ではあるものの、アルクビエレ・ドライブは「アルクビエレ/ホワイトワープ・ドライブ」と呼び名が変更されています。

ワープ・ドライブの理論はホワイト博士によって進化しましたが、依然として理論の範囲を出ませんでした。しかし、最新の研究でホワイト博士は実際の「ワープ・バブル」を出現させることに成功したと発表。ワープ・バブルは宇宙船を包み込み、時空連続体をゆがめることで宇宙船を推進させるための亜空間出現現象を意味します。「明確にしておきたいのは、私たちの発見したものは『ワープ・バブルの類似品』ではないことです。小さくはありますが、私たちはワープ・バブルの本物を発見したのです」とホワイト博士は述べました。

全文はリンク先で
https://gigazine.net/news/20211208-darpa-first-warp-bubble/




管理人
ネットの反応
名無し
要するにこれを発生させてスタートレックの宇宙船みたいにワープするんだろ
名無し
ワープ先が太陽の目の前とかもあるだろ
名無し
どこに出るか分からんようなもんに乗れるか!
名無し
なんか行けちゃった。。の段階の時にワープしたら帰ってこれるの?
名無し
偶然て怖すぎだろ
名無し
それより転送装置を実現化しろよ
名無し
それの前段階だろこの技術って
名無し
まー行くだけで帰ってこれないけどな



名無し
なるほどわからん
名無し
ワープに成功したんじゃなくてその前提の話が出来たって話ね
名無し
ほんとかなあ
名無し
ハゲ⇒フサフサと急にワープしてるやつはたくさんいるだろ
名無し
ワープらしきものは可能になったものの行き先不明の片道切符でしか実現不能
そうだ廃棄物問題これで解決やん!とゴミをどんどんぶち込むようになって100年経った頃にゴミが行き着いた先の宇宙人がブチ切れて攻めてくる近未来SF希望
名無し
ワイは寝る前に毎晩脳内をワープして隣の奥さん眺めてる
名無し
ワープ先どうなるか判らん!といった状態でも、地上でワープバブルなるものが生成できるんなら
放射性物質の廃棄とかに使えんかな
名無し
なんだかよくわからんが
楽しそう
名無し
朝ドラとかしょちゅうワープするけどな





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2022 All Rights Reserved.