東京新聞の2019年7月6日の記事⇒ 民主党反対の「八ツ場ダム」が完成 住民(65)「こんなものいらなかった」~ネットの反応「wwwwww もう一度聞いてこいwwwww」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

<参院選>八ツ場ダム 残った不信感 住民「政治には期待できぬ」
2019年7月6日 夕刊

 二〇〇九年の衆院選で当時の民主党が「建設中止」を公約に掲げて注目された群馬県の八ッ場(やんば)ダム。同年九月の中止表明と二年後の中止撤回という混乱を経て、今年六月にダム本体がほぼ完成した。参院選群馬選挙区でも、完成間近のダムは争点ではなくなった。翻弄(ほんろう)された水没地の住民は「もう政治には期待できない」と、選挙戦に冷めた目を向ける。

 同県長野原町で、ダム代替地の高台に立つ真新しい家。「こんなものいらなかった。大切な故郷がダム湖に沈む悲しさには代えられない」と、町の元消防署員高山彰さん(65)は語る。二階の窓からは、高さ約百十六メートル、幅約二百九十メートルの巨大なダムの姿を一望できる。

 ダム計画が持ち上がった翌年の一九五三年に生まれ、住民が賛成と反対に分かれて争うのを見てきた。建設は仕方ないと諦めていたが、民主党の中止表明で「やはり造らなくていいんだと、目からうろこが落ちた」。ダム建設再開を要望する住民の中でも反対の立場を隠さず、家族からは「いつまでこだわってるんだ」「余計なことを言わないで」と止められた。

 一一年の中止撤回後も、水没予定地で最後まで移転を拒否。強制収用を可能にする、土地収用法に基づく国土交通省の事業申請を受け、一六年に移転契約に応じた。

 「家族の中でも移転するかしないかで意見が分かれ、ばらばらになってしまった。一人ならいつまでもいたかった」と振り返る高山さんは、介助が必要な兄と町外で暮らし、新居には引っ越していない。県によると、移転対象の四百七十世帯のうち、代替地に移ったのは一八年末で九十六世帯。多くは町を離れたとみられる。

 ダムは今年六月に本体のコンクリート打設が完了し、来年三月に完成予定。故郷を水没させてまで、本当に必要なものなのか。納得できる説明はなく、不信感だけが残った。「政治家は今からでも、一番犠牲になった住民に目を向けてほしい」。高山さんは、訴える。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201907/CK2019070602000292.html

※関連記事
<悪夢の民主党政権>「八ッ場ダム、一気に貯まった…」 貯水テストが始まった矢先に台風19号の豪雨… 八ッ場ダムが完成していなければ利根川水系は全滅… ~ネットの反応「民主党政権つぶれてくれてありがとう!」

管理人
ネットの反応
名無し
ほんと悪夢の民主党政権だったな
名無し
建設中止しようとした民主党に対して地元住民が闘って建設させた歴史を知らない馬鹿な東京新聞記者www
名無し
要は鳩山と同じで混乱させて「政治不信」にさせたって事だろ
「民主党」が「政治不信」にさせたんじゃん
名無し
下流河川流域の人々に同じ事言えんのかお前
名無し
よくこんな記事見つけてきたな
名無し
東京新聞やっちまったなwwwwwwwwwww
名無し
www もう一度聞いてこいww
名無し
八ツ場ダムが無かったら
さらに被害拡大してたなw
名無し
>高山さんは、訴える。

東京新聞の記者のドヤ顔が想像できるわ

名無し
消防署員なのに人の命よりも自分の故郷が大切だとな
お前の人生なんだったんだろうな?
名無し
反日パヨクの知事が脱ダム宣言した長野では
洪水起こして悲惨な目にあってるわ
名無し
八ッ場ダムのおかげでどれほどの人が救われたか算出してもいいかもね
名無し
下流の国民の生命と財産を守ったな
八ッ場ダムだけで万能なわけないけど、少しずつ前に進んでいるな
名無し
このタイミングでのスレ立て、なかなか皮肉が効いてよろしいかと
名無し
ダムのお陰で何百万人が助かったんだ
良かったと思おうや
名無し
おーい、元消防署員高山彰さん
顔真っ赤にしてないで出てきてよ
名無し
数十万人の命が救われたんだね
名無し
パヨクに政権担当能力がないと言う象徴だな
何が仕分けだ
こいつらに二度と政権を取らせてはならない
名無し
東京新聞「ダムのせいで水害が減った、許せない」
名無し
まぁ東京新聞なら今回浸水被害にあった人達に「ダムで故郷を失った人はもっと辛い思いをしている。」
ぐらい書くだろ。
名無し
東京新聞の馬鹿さ加減が良く出てる記事だな

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする