天皇陛下、きょう62歳のお誕生日 ※動画

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




【天皇陛下】62歳誕生日会見~コロナ禍に伝えられたい強い思い




テレ東BIZ

音声がない皇室映像を宮内庁担当記者が解説する。
天皇陛下が62歳の誕生日を迎えられ、宮内庁が映像を公開した。机上にあるのは並河靖之『舞楽図花瓶』(1877年=明治10年、右)、川出柴太郎『蜻蛉河骨図香炉』(1906年=明治39年、左)。
大久保利通の殖産興業政策との関係が…?
シリーズ初登場の皇居「石橋の間」。石橋とは?
仏教修行の法師が深い谷の細くて長い苔むす危険な橋のたもとで待っていると、「いいことあるよ」と少年が現れ、文殊菩薩の使いの獅子が勇壮に舞う。細くて長い橋は仏道修行の困難を示すとも?能や歌舞伎では大変縁起のいい演目だという。
記者会見で陛下は新型コロナで国民との触れ合いが少なくなっていることを残念に思っているとし、その一方でオンラインを活用した交流のメリットについても触れ「終息後も適当な場合には活用を視野に入れていきたい」とされた。
愛子さまの成年については「日ごろから多くの人々に助けられ支えられているということに愛子が感謝の気持ちを持っていることを親としてもうれしく思います」と喜ばれた。
また、小室真子さんの結婚をめぐる経緯については、「多くの方に心配をおかけすることになったことを心苦しく思っております」と率直に述べられた。その上で「皇室を構成する一人ひとりが皇室の役割と真摯に向き合い、国民の幸せを祈りながら、一つ一つの務めを果たし、国民との交流を重ねていく中に、国民と皇室との信頼関係が築かれていくものと考えております」とされた。
会見映像収録後の質疑応答で、陛下は、成年行事での愛子さまのドレス姿を見たときの率直な感想を尋ねられ、あらためて「小さかった愛子がもう二十歳になった、そして大人の仲間入りをした」と感慨ひとしおの様子を示された。「今後とも、本当に幸せな人生を歩んでいってほしいというように、そのように心から願いました」と続けられた。
また、悠仁さまの筑波大学附属高校進学と陛下の学生生活の体験を聞かれると、「私の高校時代は、はるか昔のことのようにも思うが、いろいろな人と出会い友達も出来て充実した3年間だったことを懐かしく思い出します」と振り返られた。悠仁さまについても「是非実り多い高校生活を送ってほしい」と願われた。
新見多一(皇室担当デスク)×水原恵理(BSテレ東『皇室の窓スペシャル』担当)





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Share: