ウクライナで捕虜になったモンゴル系ロシア人兵士(ブリヤート人)「何も知らされずに来た」 ※動画 =ネットの反応「まだ幼い…」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




プーチンのブリヤート人のうちの2人は#Berezovkaで捕らえられました。いつものように、彼らは「何も知りませんでした」。

ブリヤート人
ブリヤート人は、ロシア連邦やモンゴル国、中華人民共和国に住むモンゴル系民族。ロシア連邦内の人口は445,175人で、とりわけブリヤート共和国には全人口の約4分の1が居住している。
ウィキペディア




機械翻訳

名無し
誰かが翻訳できますか?
名無し
彼は、戦車を追ってドライブしていただけで、任務については「何も知らなかった」と言う。そして、彼はブリヤート人(モンゴルの北、バイカル湖周辺を想像してください)であると言っています。そしてウクライナは、我々のブリヤートを見てくれ、ブリヤートに送り返すと言うのです。彼は今、トナカイの放牧をしているはずです。
また、彼は戦わず、自分の任務はミサイルの運搬だと主張しているので、ミサイルはどの方向に行くはずだったのか言うよう要求している。彼は「知らない」と言い、「戦車を追って運転していただけだ」と言うのです。彼らは、これが我々の「戦闘ブリヤート」だと言うのです。
名無し
??と思われた方のために...
ブリヤート、ブリヤートとも表記され、バイカル湖の南と東に住む主要なモンゴル民族の最北の民族。ネルチンスク条約(1689年)により、彼らの土地は中国からロシア帝国に割譲された。
名無し
ブリヤート人が何であるかわからなかった
ありがとう
名無し
彼らは自分たちが何をしているのか知っていました!これは、キャプチャされたときのトレーニング済みの応答です。
名無し
要するに、命令通りに戦車の後ろにロケット弾を動かしていて、その状況を知らなかったと言うのである。ウクライナ人は明らかに、自分たちの土地での彼の任務に感心せず、ブリヤートへ送り返し、放牧されている鹿の世話をさせると言った(ブリヤートでの習慣)。
名無し
要するに、彼は何も知らない、戦車を進めた後にミサイルや軍需品を運んだだけだ。
何のためにかはわからないけど?
名無し
そのような盲目的な服従
名無し
現時点では、ロシア軍の一部が混乱しているように見えることから、彼の話は本当だと考えてよいだろう。
名無し
初めてこのようなビデオを見たとき、それを信じたいと思った。しかしその間にもロシア兵のビデオは何十本もあり、皆全く何も知らないふりをするのです。だからダメなんだ。彼は何が起こっているのか正確に知っていたのです。これは戦略なんです。
名無し
その可能性も否定はできませんが。ロシア政府は当初、これは単なる訓練だと言っていた可能性が高いと思います。ただし、ある時点で侵攻計画を説明する必要があったはずです。
名無し
あまり知らなかったのかもしれません。
これは単なる軍事演習だと言われ、突然、障害物を破壊し、人を殺すように命令されたのです。母が言うには、1868年の侵攻のときも、若いロシア兵は何も知らなかったそうです。
名無し
まだ幼い…





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2022 All Rights Reserved.