米国、北朝鮮が2月と3月に発射した2発のミサイルが、「飛距離が5500キロ以上ある新型のICBMだった」と確認したと発表 ロシア企業が関与

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




FNNプライムオンライン

アメリカは、2月と3月に北朝鮮が発射した2発のミサイルが、新型のICBM(大陸間弾道ミサイル)だったことが確認されたと明らかにした。

ホワイトハウス高官によると、ICBMだったと確認されたのは、2月27日と3月5日に北朝鮮が発射したミサイルで、新しいシステムが使われていたという。

アメリカ政府は、北朝鮮が深刻なエスカレーションをしていると強く非難し、日本時間の11日夜にも北朝鮮がミサイル開発に必要な技術にアクセスできないようにする新たな制裁を発表する予定。

政府関係者によると、制裁の対象の中に、ロシア企業3社とロシア国籍の2人が入っているという。

テレ朝

北朝鮮のミサイル 飛距離が5500キロ以上のICBM 防衛省

北朝鮮が先月27日と今月5日に発射したミサイルについて、防衛省は飛距離が5500キロ以上ある、ICBM=大陸間弾道ミサイル級であったことを明らかにしました。

防衛省によりますと、この2回のミサイルは、2020年10月に行われた軍事パレードで初めて確認されたものと同じミサイルであるとのことです。

どちらも、平壌近郊から発射されていて「最大の距離での発射を行う前に、何らかの機能を検証するため、発射された可能性がある」などと分析しています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b37ca436f12e0647b451e5abc4f48e2a8d185af3

読売新聞

北発射ミサイル「ICBM級」…日米両政府、警戒強める

 【ワシントン=田島大志】米政府は10日、北朝鮮が2月27日と3月5日に発射したミサイルが、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の技術を使用したものだったとの分析結果を公表した。日本政府も「ICBM級」のミサイルが発射されたと発表した。日米両政府は、北朝鮮が近くICBMの発射に踏み切る恐れがあるとみて、韓国とも連携して警戒を強めている。

米政府は、北朝鮮の朝鮮中央通信が「偵察衛星開発の試験」だとしていたこの2回の発射について、日韓両政府と共同で解析を行った。その結果、2020年10月の朝鮮労働党創建75周年記念日の軍事パレードで公開された最新型ICBMの関連技術だと特定した。

 米国防総省のジョン・カービー報道官は10日の声明で「衛星打ち上げを装った発射実験を行う前段階として新技術をテストするものだった」との見方を示した。米軍は黄海での警戒監視態勢を強化した。米政府は「北朝鮮がエスカレートにつながる実験段階を隠そうとした。国際社会が一致して開発に反対しなければならない」(高官)として、ほかの同盟国にも分析結果を通知した。

 米政府は、核・ミサイル開発に関する海外の技術や資材の入手を阻止するため、近く北朝鮮に対する追加制裁を発表する予定だ。

https://www.yomiuri.co.jp/world/20220311-OYT1T50124/





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2022 All Rights Reserved.