国際 政治

カルロス・ゴーンの逃亡劇…海外で驚かれた7つのこと 「GPS付けてなかっただと?」「24時間監視ビデオの確認が月1回だと?」「新幹線に普通に乗っているだと?」…~ネットの反応「コレは笑われても仕方ない」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

カルロス・ゴーンのスペルがGhosnからGoneに変わってしまった今回の脱出劇。海外でも「映画化決定!」なんて言われています。
特に海外から見て目がテンになる部分をまとめてみました。

1. GPSアンクレットがない

逃亡の恐れのある保釈中の容疑者は孫悟空のような輪っかが足にかけられて、
圏外に出るとビビビビーッとアラートが鳴るのがアメリカなどでは普通です。
そのため「ゴーン逃亡」と聞いてみな真っ先に考えるのは「すごいハッカー雇ったな」ということ。
「装着していなかった」と聞いて二度驚くポイント。

2. 新幹線に普通に乗っている

トランクに身を潜めたと思いきや、「新幹線で品川駅から新大阪駅まで移動してホテルまでタクシーで移動」。
まあ、これは日本人も目がテンになりますよね。
海外では「日本人は外国人の隣に誰も座りたがらないのでバレなかった」という風刺ジョークを、みな真に受けて納得してます…。

3. 在レバノン日本大使は現地TV局MTVから取材されるまで知らなかった

月曜午後6時ごろベイルート市内のパーティー会場でTV局員が大使を捕まえて逃亡に関するコメントを求めたら、まだ知らなくて確認に大あらわ。
大使館職員はだれも知らされていなかったと英The Guardianにも答えています。

4. 24時間監視ビデオの確認が月1回

こちらは弁護士の談話として伝えられた情報。自宅を離れる姿は玄関前のカメラに捉えられていましたが、
裁判所に提出するのは1月15日で、ネットや通話の履歴を提出するのも月1回。
アメリカのようにリアルタイムで監視されないことも驚きをもって迎えられています。

続きはソースで

カルロス・ゴーンの逃亡劇:海外で驚かれた7つのこと
https://www.gizmodo.jp/2020/01/carlos-gone.html

管理人
ネットの反応
名無し
GPSアンクレットなんか日本じゃ絶対無理
名無し
これ見習えよ
 ↓

カナダで保釈されたファーウェイ副社長の足元をご覧ください→日本も見習えとの声が殺到〜ネットの反応「海外メディアからゴーンのことで叩かれてるというが、この写真見ると日本は甘すぎるということがわかるな」

名無し
そーなんです
名無し
な?外国さん信じらんねーだろ?これが日本だよ…情けないけど
名無し
逃げてくださいと言ってるようなもんだからな
名無し
ここは欧米に習ってGPSつけて24時間監視にしようぜ
名無し
日本は首輪タイプにしよう
名無し
性犯罪者にもGPSつけてどこに住んでいるか発表するのは普通だからな
日本が遅れているんだよ
名無し
遅れているとかどうかより日本は性善説だから
もしも…という感覚が欠けてる
名無し
コレは笑われても仕方ない
名無し
GPSだけじゃなく爆破装置付きでもよかったかもな
名無し
カナダでファーウェイの女社長が付けられてたな
名無し
アメドラとか見てるとGPSつけると家からちょっと出るだけで警報がなって警察が来るもの
日本なんて外出自由すぎて笑うわ
名無し
中世司法の日本なめんなよwwww

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする

-国際, 政治

Copyright© アノニマス ポスト , 2020 All Rights Reserved.