時事ニュースのネットの反応まとめブログ

アノニマス ポスト

ロシア軍、メリトポリ市のフェドロフ市長を誘拐 ⇒ ロシアが親ロシア市議の女性に市長をすげ替え ⇒ ゼレンスキー大統領、捕虜になっていたロシア兵9人とフェドロフ市長を交換 ⇒ 釈放されたフェドロフ市長がゼレンスキー大統領に感謝の電話 ⇒ 市長の職務に復帰 

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




流れ↓

中日新聞

ロシア軍、占領地域に傀儡政権 市長を拉致、すげ替え

ロシア軍が支配する南部メリトポリでは、市長が兵士に拉致され、新たに親ロ派市議の女性が「暫定市長」に任命された。この女性は十三日、「信頼できる情報が不足しているので、本日からロシアのテレビにチャンネルを合わせよう」と住民に呼び掛けた。
ロシアメディアは、侵攻開始後の情報統制を受けて、事実と異なる情報を伝えている。「ロシア軍の攻撃の標的は軍事インフラだけ」「ロシアはウクライナ国民の解放者」といったプロパガンダ(政治宣伝)を住民に刷り込む狙いだ。
一方、ロシアはヘルソン州で「ヘルソン人民共和国」の設立に向けた住民投票を準備していると地元議員らが明かしている。ドニプロルドネ市でも市長がロシア軍に拉致された。
ロシアは、ウクライナの政権が親ロから親欧米に転じた二〇一四年、南部クリミア半島に兵士を送り込んで政府庁舎を占拠。一方的な「住民投票」を行い、クリミアを併合

https://www.chunichi.co.jp/article/435254

朝日新聞

ロシア軍に拉致された市長、解放されて職務復帰へ 地元メディア報道

 ウクライナのニュースサイト「ウクライナ・プラウダ」によると、ロシア軍に拉致されていたウクライナ南部ザポリージャ州メリトポリのイワン・フェドロフ市長が16日夕、解放された。ティモシェンコ大統領府副長官がフェドロフ氏を奪還する作戦が行われたと述べた。フェドロフ氏は解放された後、ゼレンスキー大統領と話をし、近く市長の職務に復帰するという。

 メリトポリは侵攻してきたロシア軍に3月初旬に制圧された。ウクライナのゲラシチェンコ内相顧問によると、フェドロフ氏は11日、執務中にロシア側の集団に頭に袋をかぶせられ、連れ去られたという。親ロシア勢力の情報サイトが同日、「右派の過激派組織に資金提供した疑いでフェドロフ氏を捜査している」と明らかにしていた。

https://www.asahi.com/articles/ASQ3K1S8JQ3KUHBI001.html

BBC

ウクライナの上級大統領補佐官によると、5日前にロシア軍に誘拐されたと伝えられているメリトポリ市長は、ウクライナが捕らえられた9人のロシア兵を彼と交換することに同意した後、解放された。
BBC

↓釈放された市長がゼレンスキー大統領と電話





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2022 All Rights Reserved.