政治 東アジア 経済

【週刊実話】韓国企業『LINE』を欲しがったソフトバンク“孫氏の兵法”〜ネットの反応「仕方ない面もあるが、財布の情報は絶対渡したらあかん」「メッセンジャーアプリならセキュリティの高い”signal”使えよ」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

昨年の11月18日、ソフトバンクグループ傘下で、ヤフーを運営する『Zホールディングス』とメッセンジャー企業の『LINE』が経営統合で基本合意したと発表し、今年10月までの統合を目指すことが明らかになった。

「実はLINEは日本企業のように思われていますが、実態は韓国企業です。LINEの親会社は韓国企業のNAVER(ネイバー)であり、ネイバーの創業者は李海珍(イ・ヘジンイ)です。LINEでよく使われているイラストも韓国人のイラストレーターが作ったものです。日本企業だと彼らが言うのは、そのようにしておいた方が日本人の安心を買えるからで、言い方を変えれば、韓国企業の“成り済まし”と言えます。もっと重要なことは、LINEのサーバーは韓国にあり、そのサーバーを韓国の諜報機関である『国家情報院』(前身の前身は、かのKCIA)がアクセスしていたというウワサがあったことです」(韓国ウオッチャー)

 LINEは日本企業であるということにして、日本人に無防備に使わせておけば、日本人の情報が丸ごと抜けるのである。LINEを使ってプライベートをさらけ出している日本人は、あまりにセキュリティー意識が希薄と言わざるを得ない。

 インテリジェンス(諜報)に絡むウワサは常に否定されるのが世界の常識だ。国家情報院が「LINEのサーバーをのぞき見ています」と言うわけがない。

「国家情報院がのぞき見しているというウワサが飛ぶことや、世界的な常識として諜報組織というのが韓国だけでなく、すべての国でそういうことを平気でやる性質であることを考えると、国家情報院だけが“やっていない”と考える方が不自然です」(同・ウオッチャー)

 ユーザーは、ソフトバンクがLINEを飲み込むことによって、サービスの寡占が生まれることにも留意する必要がある。政府が何らかの規制を掛けるかもしれないからだ。

 ソフトバンクの時価総額が強引な買収で吹っ飛ぶ中、赤字企業のLINEを助けることで一時的には株価を持ち返しただけという指摘もある。“孫氏の兵法”に騙されてはいけない。

https://wjn.jp/sp/article/detail/4886434/
週刊実話 2020年01月12日 12時00分

管理人
ネットの反応
名無し
そもそも要らんなwww
名無し
ラインしてません怪しいから
名無し
孫「氏」の兵法って言いたいだけやん
名無し
思った
名無し
LINEしかないから仕方がない
他に和製が出てきたらいいけど
名無し
仕方ない面もあるが、財布の情報は絶対渡したらあかん
名無し
signal使えよ

セキュリティの高いメッセージアプリ “Signal”
https://kittgogo.com/2019/01/671/

名無し
けじめなく業務連絡が入ってくるからほんと社で使うのやめてほしい。
それもくだらん与太とガチの業務連絡が区別なく流れてくる。
名無し
仕方なく使ってるがメッセ機能だけ
決済絡みは一切やらない
名無し
"LINEやってないと人と繋らない"
というのが工作員のノルマとする文句だな
名無し
自衛隊とかLINE禁止してないのかな?
怖いねー
名無し
LINE入れてないけど全く不便を感じない
LINE利用者見てるとスパムのような無駄なやり取りばっかで
そんなことに時間奪われるのは馬鹿馬鹿しい
名無し
LINEとTikTokはやばいだろ

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする

-政治, 東アジア, 経済

Copyright© アノニマス ポスト , 2020 All Rights Reserved.