セメント業界、製造時の燃料に使う石炭の大部分をロシア産に依存 =ネットの反応「中国が豪州産の石炭を輸入禁止にした時、オーストラリアを助けるためにもなんで輸入を切り替えなかったのか」「生コン業界は北朝鮮やロシアとか… 深い闇の世界だな」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




輸送船航路を追跡、セメント製造の鍵握るロシア産石炭の行方は
2022.03.24 日経クロステック

生コンクリートの主原料であるセメントに関して、国内メーカー各社は製造時の燃料に使う石炭の大部分をロシア産に頼っていることが分かった。
調達の代替先候補であるオーストラリア(豪州)産などの石炭には欧州からの切り替え需要が殺到し、価格の先行きが不透明だ。
ロシア産の石炭の輸入に異変はないのか。船舶情報サービスを使って、セメント大手の運搬船を追跡してみると……。

石炭は、石灰石などのセメント原料を1450度超の高温で焼成するための主な燃料だ。
セメント協会(東京・中央)によると、2020年度は製造時における熱エネルギーの約72%を占める。
セメント業界が同年度に輸入した石炭763万トンのうち、ロシア産の割合は約355万トン(46.5%)で最大だ。

一方、財務省の貿易統計で日本全体の輸入量をみると、石炭のうち燃料に使う一般炭は豪州からの輸入が全体の67.4%を占め最多。
2位のロシアは14.5%にすぎない。セメント業界は石炭の輸入元がロシアに偏っていることが分かる。

万一ロシア産石炭の供給が途絶えると、セメントの生産活動に及ぶ影響は少なくない。しかもセメント大手2社はより依存度が高い。
JPモルガン証券によると、業界2位の住友大阪セメントが使う石炭の80%、業界トップの太平洋セメントは60%がそれぞれロシア産だ

足元ではウクライナ情勢が緊迫しており、日系海運大手がロシア発着便を停止するなど輸送網に障害が出ている。
太平洋セメントは日経クロステックの取材に対し、「供給への影響は(3月22日時点で)出ていない。
在庫はあり、代替調達を検討している」と回答。住友大阪セメントは日経クロステックの取材に応じなかった。




https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01969/032200006/




管理人
ネットの反応
名無し
石炭じゃなきゃだめなんですか?
名無し
ロシアをセメントいて
名無し
そういう繋がりでロシア産使ってんのかな
名無し
中国が豪州産の石炭を輸入禁止にした時、オーストラリアを助けるためにもなんで輸入を切り替えなかったのか
名無し
何も考えず計画もせず行動に移すとこうなる
国の運営どうなってんだ
名無し
北朝鮮産の砂利とロシアの石炭か
そりゃ関西生コンもああなるわな
名無し
生コン業界は北朝鮮やロシアとか… 深い闇の世界だな





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2022 All Rights Reserved.