時事ニュースのネットの反応まとめブログ

アノニマス ポスト

<文春> 旭川14歳少女いじめ死事件 事件の関係生徒5人の他に新たに2人の加害生徒を認定 =ネットの反応「これまでの市教委、前市長、校長、教頭、担任… すべて共犯者と言っていいと思う」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




《旭川14歳少女凍死》新たな加害生徒2名が判明 第三者委員会が中間報告で認定した“イジメ6項目”驚きの詳細「自慰行為の実行を繰り返し求めたことはイジメにあたる…」

昨年3月に廣瀬爽彩(さあや 当時14歳)さんの遺体が見つかって1年、そしてイジメを受けてから3年。世間の注目を浴びた“凄惨な事件”が大きな山場を迎えようとしている。

 2022年3月27日、イジメの有無の再調査を行ってきた第三者委員会は「イジメとして取り上げる事実があった」として爽彩さんが受けた“6項目の事実”について「イジメだった」と認定。その6項目の詳細が文春オンラインの取材でわかった――。

6項目の事実について「イジメだった」と認定

 昨年2月13日に自宅から失踪し、翌月に旭川市内の公園で雪の中で亡くなっているのが見つかった爽彩さん。文春オンラインでは2021年4月15日から記事を公開し、これまでに爽彩さんが中学入学直後から凄惨なイジメを受けていたこと、失踪直前までそのイジメによるPTSDに悩まされていた事実などを報じてきた。

 これらの報道を受けて、昨年4月に旭川市教育委員会はイジメで重大な被害を受けた疑いがあるとして本件を「重大事態」と認定。昨年5月に設置された第三者委員会はイジメの事実確認や爽彩さんが亡くなったこととの因果関係などの再調査を進めていた。

 委員会の発足から10カ月が経った3月27日、第三者委員会は旭川市内で母親と弁護団に調査報告を行った。2019年4月から2019年6月までの「事実経過」をまとめた中間報告書を読み上げ、これまで頑なに「イジメと認知するまでには至らない」という認識を示してきた学校や市教委の結論を覆し、6項目の事実について「イジメだった」と認定したことを遺族側に伝えた。

イジメとは無関係と主張していた人物が、加害生徒として認定される

 同日、イジメの真相解明を公約に掲げていた旭川市の今津寛介市長はツイッターで以下のようにコメントした。

《女子中学生が亡くなられた事案について、今回、旭川市いじめ防止等対策委員会の報告があり、いじめとして取り上げる事実があったとの調査結果が出されました。私としても以前から、いじめであるとの認識を示して参りましたが、この度の報告によって本事案の真相解明への第一歩となったと考えており、非常に重く受け止めております》

 また、3月30日には旭川市教育委員会の黒蕨真一教育長が協議の場で遺族に対して深々と何度も頭を下げ、事件後初めて謝罪した。

「この度、いじめ防止等対策委員会からイジメとの判断を受けました。認知が大幅に遅れ、その間、ご心痛ご心配をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます」

今回、第三者委員会がイジメだったとして認定した6項目の事実とは、これまで文春オンラインが報じてきた「爽彩さんとF男とのトラブル」「深夜の呼び出し行為」「先輩女性へのおごり行為」「猥褻画像の要求」「自慰行為の強要」「ウッペツ川での自殺未遂」である。

 文春オンラインが入手した、その“6項目の詳細”には、新たに2人の生徒が「イジメの加害者」だったと記されていた。これまで文春オンラインが報じてきた事件の関係生徒は、爽彩さんと同じY中学校に通っていた2学年上のA子、B男、近隣のZ中学に通うC男、D子、E子の5人だったが、今回の聞き取り調査によって、Y中学校の上級生のF男とG男もイジメを行った加害生徒として認定された。

 第三者委員会の調査結果の詳細は以下の通りだ。

全文はリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/22b68c60f11873ce53b1dd5512d6adb97865f5b0




管理人
ネットの反応
名無し
前から思っていたんですが、この事件っていじめなんて優しいもんじゃなくて、脅迫、恐喝、暴行、殺人教唆(もしくは自殺強要)だと思うんですが違うんですかね?
さらに、それを放置した学校の担任、学年主任、教頭、校長及び当時の教育委員担当者、責任者も謝罪や組織内の処分で済む問題ではなく証拠隠滅罪及び犯人蔵匿罪じゃないんですか?
名無し
イジメに関わった当人たちにとっては面白半分だったかもしれないけど、死を選択しなければならないほど被害者女子生徒が苦しめられ追い詰められ悩んでいたのかと思うと、子供を持つ親として胸が締めつけられる思いです
名無し
イジメがあったって今更ですか?
イジメがあったは当初からでしょ?
イジメだと思っていたが殺人の隠蔽が加害者生徒と学校であった事がようやく分かったんじゃないの?
名無し
ありえないの一言。
いじめと認定された上で今後犯人は、また、学校側、保護者はどのような罰をくだされますか?
本人も、学校側も、犯人の保護者も、責任は重く、社会的な制裁が必要だと思います。
被害者がかわいそうすぎる。
名無し
「イジメと認知するまでには至らない」という認識を示してきた学校や市教委
これは何故こう断言してきたか。どういう構造や仕組みがこういう認識を示すようなことにさせているか。明らかにイジメ認知を避けるべきことと学校などで取り扱われている。その取扱がどうして起きるか、冷静に検証されなければ、毎度、隠蔽体質だと現場を吊るし上げて終わるだけということにつながる。それは、また更なる残酷な被害者を生んでしまう。
名無し
これまでの市教委、前市長、校長、教頭、担任… すべて共犯者と言っていいと思う
名無し
大きく前進したことは喜ばしいが、このようなことをイジメとして認定するのになぜこれほどの時間がかかったのか。もちろん事実確認に要する時間は必要だったであろうが、こんあスピード感でやっていたら、いつまでたっても事後処理でしか対応できないでしょう。
当時の加害者はもとより、担任、教頭、校長といった学校関係者が何食わぬ顔をして現在も教育に携わっているかもしれないと思うと吐き気がします。
名無し
本当に悲しく、残念な事件です。
そして、今後もこの手の事件は無くなることはないでしょう。
だからこそ、学校関係者、教育委員会、加害者の少年少女達、そしてその保護者達に対し、徹底的に責任と賠償とを課していただきたい。
名無し
なぜ学校は隠すの?
いじめは学校だって100%防げない。
学校が100%悪いなんて誰も思わない。
起きてしまったら速やかに子供の安全のため動く、それでいい。
なのに、なぜ起きてしまったことを隠そうとする?
結局、いじめを発生させたら学校が叩かれる、先生の昇進に影響する、からなのか。
だったらそこを今すぐにでも改革すべきなのでは。
いじめが起きたら速やかに正しく動ける学校こそが評価されるべき。
名無し
今回のイジメ等で当時の加害者側のイジメ認定に関しては、やっと認定されたかと強く感じる記事でした。加害者は今後、どのような償いをさせるのかとか、非常に気にはなります。それと、加害者を庇った教師や大人達には、法に照らし合わせて、どう責任を取るのかとか非常に気になります





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2022 All Rights Reserved.