時事ニュースのネットの反応まとめブログ

アノニマス ポスト

「知床遊覧船」元社員の男性(61)が証言 破損していた社屋の無線アンテナを直すよう注意しても、豊田船長は『携帯(電話)がつながるから大丈夫』と聞き入れず 事故を起こした船長も「1年ほど前から船長を任されていたが操船の経験は浅かった」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




北海道・知床半島の沖合で乗客乗員26人が乗った観光船「KAZU I(カズワン)」が消息を絶った事故で、カズワンの運航会社「知床遊覧船」の桂田精一社長がこれまでに開かれた乗客の家族向け説明会で、船を出航させたことについて、「船長が大丈夫と判断した」という趣旨の発言をしていたことが分かった。海上保安本部などが26日に開いた説明会後、馬場隆・斜里町長が報道陣に明らかにした。

馬場町長は「出航の経緯など家族が疑問に思っていることを説明する義務がある」と憤り、会社側の説明が不十分との認識を示した。会議に出席した渡辺猛之国土交通副大臣も「義務として、被害者の家族にしかるべき説明をしなければならない」と語り、政府として会社側に説明するよう働きかけたいとした。家族向け説明会は連日開かれているが、桂田社長は26日、欠席した。

 国土交通省の現地対策本部によると、桂田社長は27日に記者会見を開き、事故について説明する見通し。

 知床遊覧船は2001年に旅客船事業の許可を取得。登記によると、桂田社長は16年に就任した。前の社長が高齢で引退するのを機に買い取ったという。

元社員の男性(61)は取材に対し、桂田社長がもともと民泊事業などを行っており、船舶については詳しい知識を持っていなかったと証言。カズワンに乗っていた豊田徳幸船長(54)についても、「1年ほど前から船長を任されていたが操船の経験は浅かった」と語った。この男性が、破損していた社屋の無線アンテナを直すよう注意しても、豊田船長は「携帯(電話)がつながるから大丈夫」と聞き入れなかったという。

読売新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/dd8d7f35a2e08baad24d9a2efc2885ec8c8e29a0

関連記事






管理人
ネットの反応
名無し
すごいね。先日の説明会では「わたしは行けると思った」と自白していたのに、それが問題になると今度は「船長が行けると判断した」と責任転換ですか。
まさに死人に口無しとはこのことだね。
名無し
保険会社は多額の保険金を支払いたくないので海事事故専門の優秀な弁護士を会社側に派遣してくる。民事裁判と刑事裁判は別物だが賠償問題には影響がある。被害者側の弁護士費用の諸経費は実費になる。それに加え結論までには相当な年数がかかる。控訴上告で更に年数がかかる。もう、被害者側が根負けをして、「もういいか、充分に戦った」と示談に応じる様になる。自分の「実体験です」
名無し
一番の問題は遭難した場合に救助できない状況で出発したことであり、出発させたことである。
名無し
船長にも責任はあるけど、それ以上に社長の責任だと思います。
アンテナ直すのだって、最終的には社長の判断だろうから、船長は直したいという気持ちがあったとしても、普段の社長の感じとかで「直してくれなさそうだよな」と思えば、諦めてしまうかもしれないし。
まぁそれか、船長もアンテナ壊れてても平気だろうって思ってた可能性もありますが。
名無し
事故発生後からの数日間の社長の行動を見ていると、
どんな質問に対しても「船長が判断した」「船長が…」の一点張りで押し通しそう…
名無し
死人に口なし・・・死んでしまえば何を言ってもいいのですか?





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2022 All Rights Reserved.