政治 東アジア

新型コロナウイルス、エアロゾル感染を確認 中国保健部〜ネットの反応「要するに空気感染だよね」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

※中→日の自動翻訳です(翻訳精度は保証しません)

中国の公式保健部は土曜日(2月8日)に、新しいコロナウイルスが空中を伝染する可能性があることを確認しました。

上海で開催された記者会見で、健康および伝染病予防の専門家は、直接感染および接触感染に加えて、新しいクラウン肺炎の感染経路には「エアロゾル感染」も含まれることを確認しました。

エアロゾルは、気体媒体に分散または懸濁した固体または液体の小粒子によって形成されるコロイド分散系です。簡単に言えば、エアロゾルは、空気中に安定して分散および浮遊している小さな液体または固体粒子であり、肉眼では見ることができません。

いわゆる「エアロゾル伝播」とは、液滴が空気中で混合されて「エアロゾル」を形成し、吸入後に感染を引き起こすことを意味します。

以前は、2月5日に、国家保健医療委員会のWebサイトが「新しいコロナウイルス感染肺炎の診断と治療(第5版)」を公開しました。未定」。

3日間の間隔の後、エアロゾルの伝播経路は中国の公式の保健局によって確認されました。

エアロゾルと液滴の伝送の違いは、伝送距離です。飛沫と接触感染は近距離で発生しますが、エアロゾルは長距離を移動するため、非接触感染のリスクが高まります。

全文はソースで(中文)
https://www.bbc.com/zhongwen/simp/world-51427216

新華社(中国の国営通信社)も報道
http://www.xinhuanet.com/english/2020-02/08/c_138766344.htm

管理人
ネットの反応
名無し
空気感染と同じだよね
 
エアロゾル感染の定義をしらべてみて
 
>インフルエンザA型ウイルスは、感染者が咳やくしゃみをするときに排出される呼吸飛沫への曝露を介して、感染を広げる。
>疫学上は、排出源から1~2メートル以内で地上に堆積する大きな飛沫とそれよりも長時間にわたって空中に滞留する直径5マイクロメートル未満の微小な感染性飛沫に分類され、後者をエアロゾルという。
 
一方空気感染を調べてみた
 
>飛沫として空気中に飛散した病原体が、空気中で水分が蒸発して5マイクロメートル以下の軽い微粒子(飛沫核)となってもなお病原性を保つものは、
>単体で長時間浮遊し、3フィート(91センチメートル)以上の長距離を移動する。呼吸により粒子を吸い込むことにより感染を生じる。埃と一緒に、ウイルスを吸い込む場合でもなる。
 
どっちも5マイクロメートル未満という数値が一致しているのでエアロゾル感染=空気感染です
 
ありがとうございました!
名無し
これが中国が73都市もの交通機関を止めた理由。
バス、電車の車両、学校の教室、会社の室内、自宅内家族、まだ陽性にならない、もしくは保健所から断られて検査できない一人感染者がいたら中の人は全員アウト
名無し
船の奴ら逝ったwwwwww
名無し
WHOの馬鹿 ふざけるなよ
名無し
電車内で他人の体臭を感じるくらい容易なノリで感染
名無し
要するに人混みの中には行くなよって事
名無し
外国が日本への渡航禁止にしたら
lOCがオリンピックをやると言っても選手が来れない
その時は日本人が金銀銅のメダル全てをもらう
名無し
クルーズ船の体調不良者の結果はいつ頃でるんだろうか
医療関係者には頭が下がるな
名無し
ゴーグルだと?VRゴーグルでもええか?

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする

-政治, 東アジア

Copyright© アノニマス ポスト , 2020 All Rights Reserved.