打ち上げが延期されていた韓国「ヌリ号」 本日21日の午前中に発射の可否を決め、決まったら午後から発射時刻を決める会議をする =ネットの反応「恥の上ヌリ号にならなきゃいいけど」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




21日に「再挑戦」に乗り出す韓国型ロケット「ヌリ号」が20日午前、発射台への移動を開始した。
科学技術情報通信部(科技情通部)と韓国航空宇宙研究院(航宇研)は同日、「韓国型ロケット『ヌリ号』を午前7時20分から全羅南道高興郡(コフングン)の羅老(ナロ)宇宙センター第2発射台に移送し始めた」と発表した。
ヌリ号は無人特殊移動車両(トランスポーター)に載せられ、羅老宇宙センター内のロケット総合組立棟から第2発射台まで約1時間にわたって移送される。
ヌリ号は発射台に到着した後、起立準備過程を経て、午前中に発射台に立てられる。午後にはヌリ号に電源および推進剤(燃料と酸化剤)などを充電するためのアンビリカル連結と機密点検など、発射準備作業が進められる。
航宇研は「ヌリ号は、発射台への移送過程や起立過程で特別な異常が発生しない限り、午後7時前に発射台設置作業が終了すると予想している」と明らかにした。
科技情通部は21日午前に「ヌリ号打ち上げ管理委員会」を開き、ヌリ号への推進剤充電の可否を決め、午後にもう一度打ち上げ管理委を開き、技術的準備状況、気象状況、宇宙物体との衝突の可能性などを総合的に検討し、ヌリ号の最終打ち上げ時刻を決める。
現在、ヌリ号の21日の打ち上げには気象状況が大きな変数だという。気象庁は、21日の全羅南道高興郡の天候は、済州道南方の海上に位置する停滞前線(梅雨前線)の影響で曇り、雨が降るものと予想している。地域予報では、羅老宇宙センターが位置する高興郡蓬莱面(ポンネミョン)は同日午前9時まで雨が降るとの予報が出ている。今回の雨量は多くはないが、停滞前線による梅雨の可能性が高い。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cc943fe58fe8112daa77e91646b84ae09d16292b




管理人
ネットの反応
名無し
まさか韓国がここまでの大国になるとはな
名無し
またお前か
名無し
いよいよ日本を超える日か
早かったな
名無し
日本が65年前に通過した道だが
名無し
恥の上ヌリ号にならなきゃいいけど
名無し
前回は失敗だったのに成功と言い張ってて呆れた
現場はそんなことないんだろうけど
名無し
試合に負けても
ゲームで勝った
それが韓国
名無し
どうでもいいけど宇宙ゴミは増やすなよ
名無し
宇宙まで行けないから
名無し
あの国の記事って、何でこうまわりくどくて読みにくいんだろう?もう少し要点をまとめれば良いのに
名無し
つまり今日飛ばす事は出来ないって分かってるから仕事してる風の会議をする訳ですね
名無し
独自の技術……ナシwww
名無し
あまり打ち上げたくないんじゃないの
失敗しそうだから
名無し
いやもうそろそろ普通に成功しろよ
いつまでグダグダやっとるねん
名無し
飛ばすのか飛ばさないのかどっちなんだい!





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2022 All Rights Reserved.