米国の、ウイグルの強制労働で製造された商品の輸入を禁止した「ウイグル強制労働防止法」 EUやカナダなどに追随の動き 米政府高官「企業の『故意の無知』は許されない」=ネットの反応「これでもまだ日本は太陽光パネルの輸入を続けるのか?」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




[ワシントン 18日 ロイター] - 米労働省の国際問題担当副次官であるテア・リー氏は18日、中国新疆ウイグル自治区の少数民族・ウイグル族の強制労働で製造された商品の輸入を禁止した米国に追随する動きが同盟国の間で見られていると明らかにし、企業はサプライチェーン(供給網)について「故意の無知」を続けられないだろうと警告した。

米国では先月、新疆ウイグル自治区からの物品輸入を原則禁じる「ウイグル強制労働防止法」が施行された。

リー氏はロイターのインタビューで、強制労働で製造された商品に対する各国独自の規制導入手段について、欧州連合(EU)やカナダなどの担当者と協議したことを明らかにした。

カナダやEU、世界各国で前進しているとし、企業に対して「真剣にこの問題に取り組み始める必要がある」というメッセージを送ってきたのはそのためだと指摘。

「企業は現在(サプライチェーンについて)知る必要がないから知らないという故意の無知を続けている」とした上で、米国の規則が他国に影響を与え始めるのに伴い、それを続けることはできなくなるだろうとした。

https://jp.reuters.com/article/usa-china-uyghurs-labor-idJPKBN2OU01X




管理人
ネットの反応
名無し
サプライチェーンについて(供給網)の「故意の無知」という企業の言い訳はもう無理そうだな
名無し
これでもまだ日本は太陽光パネルの輸入を続けるのか?
名無し
日本企業も早急に脱中国を推進した方がよろしいかと


※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2022 All Rights Reserved.