韓国国会 議員がパク外交部長官に質問 議員「強制徴用問題の解決策がなければ韓日関係の復元は難しいということか」 パク外交部長官「現在そのような状況だ」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




外交部の朴振(パク・チン)長官が韓日首脳会談と関連し、韓日強制徴用問題に対する具体的な解決策提示が会談の前提条件だと確認した。

朴長官は25日の国会対政府質問で、「強制徴用に対する具体的解決策提示が韓日首脳会談の前提条件ではないのか」という与党「国民の力」のユン・サンヒョン議員の質問に対し、「そうだ。今回(日本の林芳正外相と)会って強制徴用問題と関連して、被害者が高齢化しており、現金化が差し迫っているためこの問題を緊張感を持って早い時期に解決できるよう最善の努力を尽くしたい。日本もこれに誠意を持って呼応する措置をしてほしいと促した」と答えた。

ユン議員が「強制徴用問題の解決策がなければ韓日関係の復元は難しい、そうでしょう」と再度尋ねると朴長官は「現在そのような状況」と答えた。

朴長官は韓日首脳会談早期成功の可否については「いつ実現するかはよくわからないが、基本的に現在の懸案問題、強制徴用をはじめとする懸案問題の望ましい解決策が用意されれば自然に韓日首脳会談も開くことができると期待する」と話した。

日本は強制徴用日本企業の賠償責任を認めた2018年の大法院(最高裁)判決に対する解決策提示と慰安婦問題と関連した2015年の韓日合意復元などを関係回復の条件としている。

朴長官は続くユン議員の質疑に答えながらこの問題の解決策に対し「被害者側をはじめとする当事者、そして経済界、学界の専門家らの意見を多様に取りまとめている。被害者側では被告企業との直接交渉、そして日本の謝罪などを要求している。これを日本側にも伝え、この被害者の意見を最大限尊重して韓日両国が合理的な案だと受け入れられる方法を模索している」と答えた。

朴長官は第20代国会で当時の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が提案した「1+1+α」案に対しては「われわれがさまざまな方策を検討する過程で参考にできる内容」と話した。文喜相案は韓日両国企業の自発的参加で作られた基金で被害者に慰謝料を支給するようにするもので、基金には両国企業だけでなく国民が参加するようにする内容だ。

関係回復に向け韓日間のビザ免除を先制的にするのはどうかというユン議員の提案性質問に対して朴長官は「ひとつの解決策だと考える」としながらも、「ただ相互主義的に韓国と日本がビザを免除し、個人も観光で日本に何の不便もなく行くことができ、同じように日本から来る人たちも韓国に不便なく来られるよう、そうした措置が早く実現するよう努力したい」と答えた。

https://japanese.joins.com/JArticle/293569?servcode=200




管理人
ネットの反応
名無し
韓国政府が解決すればよい
内政干渉はしません
以上終わり
名無し
問題はオマエラが蒸し返した徴用工の件だけじゃねーからな
素っ頓狂なこと言いだしてきたら2度目はない
名無し
日本にはもう何も要求とかできんぞ。
韓国側で残された国内問題を解決しろ!て突き放されてるのにまだこんな事言ってんのかw
このまま実質国交断絶状態が向こう100年くらい続きそうだな、日本は困らんけど。
名無し
まず一番初めに、韓国人は約束を守ろうや
努力くらいしろよ
名無し
具体的解決策
「大法院判決の破棄」
日本はこれしか認めないぞw
名無し
ユンがムンと大法院を「結託し法理的にあり得ない判決を出した」と訴えれば面白い
何がどうなるかさっぱり想像つかないところが魅力
名無し
すでに解決済みの事案の具体的解決策ってわけわかんない
名無し
解決済みの事案の具体的解決策ってなに?
名無し
「会談に前提条件を設定するのは許せない」って怒ってそう
名無し
事前協議も無くいきなり首脳会談で何とかなると思ってるのかねぇ
名無し
これだと永遠に会談しなくていいし
悪くない
名無し
反社の要求は絶対に聞き入れてはいけない
そんだけ
名無し
基金がどうのとかやってる時点で全然ダメって事にすら気付けないのか?
名無し
つまり首脳会談は不要って話やん
無視無視
名無し
韓国政府が
「1965年に日本からみんなのお金貰ってるけど使い込んじゃった。ごめんね」
て言うだけのとても難しい話
名無し
>解決策提示
 
解決しろつってんだろ





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2022 All Rights Reserved.