東京新聞「東大生『感染に救済なく留年』 単位不認定、措置の整備求める」⇒ 東京大学が激オコ 東大「その学生は違うわ!」 東京大学が東京新聞に抗議文 「記事の訂正と謝罪を要求します」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




※ちなみに東京新聞の記事は、配信元が共同通信のようです

東京新聞

東大生「感染に救済なく留年」 単位不認定、措置の整備求める


記者会見する東大2年の杉浦蒼大さん=4日午後、文科省

2022年8月4日 20時47分 (共同通信)

東大の学生らが4日、東京都内で記者会見し、新型コロナウイルス感染による授業の欠席に対する救済が不十分で留年が決まった事例があるとして「過失のない感染で教育を受ける権利が奪われている」と訴え、救済措置の整備を求めた。
 教養学部理科3類2年の杉浦蒼大さん(19)は5月に陽性となり、高熱や呼吸困難でオンラインによる実験の授業を2回欠席。症状が重くて欠席報告や証明書提出が遅れたこともあり、担当教員は補講などの救済措置を拒否したという。
 6月に単位不認定と発表されて留年が決まり、来年度は医学部に進めない。留年により、学費や生活費を1年分多く負担することになる。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/193906

毎日新聞

「コロナ感染で授業休んだら」単位不認定の東大生が救済申し立て

新型コロナウイルスに感染して必修の授業を休んだところ、救済措置がなく単位が認められなかったとして、東京大教養学部前期課程(理科3類)2年の杉浦蒼大さん(19)=東京都豊島区=が4日、東大のハラスメント防止委員会に救済を申し立てたと明らかにした。医学部進学を目指しており、このままでは留年するため、大学側に決定の取り消しを求めている。

 文部科学省で4日に記者会見した杉浦さんによると、今年5月17日に新型コロナを発症。呼吸困難や倦怠(けんたい)感、39度以上の発熱があり、自宅療養となった。1人暮らしのために介抱する人はなく、意識はもうろうとしていたという。

https://mainichi.jp/articles/20220804/k00/00m/040/357000c

2022(令和 4)年 8 月 5 日
総合文化研究科・教養学部
学生のみなさま
学生保護者のみなさま
教職員のみなさま
総合文化研究科長・教養学部長
森山 工

今般、ある一人の前期課程学生から、新型コロナウイルス罹患によって授業を欠席したにもかかわらず、コロナ欠席としての救済措置を受けることができず、当該授業科目の単位を修得し損なったという主張がありました。当該学生は、この主張を新聞(東京新聞)や記者会見において一方的に提起しています。
教養学部としては、当該学生のこの自己認識と主張が誤ったものであることを先方に説明してきましたが、にもかかわらず当該学生は、上記のような一方的な措置に及びました。
教養学部では、一方的な主張のみを採用して本件を記事とした東京新聞に別紙のような強い抗議をおこない、訂正と謝罪を公式に求めたところでした。ついては、この抗議文をここに開示いたしますので、教養学部としての立場についてご理解をくださいますようお願いいたします。
学生のみなさま、学生保護者のみなさま、教職員のみなさまにおかれましては、教養学部としての事実把握と論拠をご理解いただき、どうか冷静な対応をおとりくださいますようお願いいたします。

 ↓
貴紙における事実にもとづかない報道に対する抗議文
https://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/20220805_soubun-announcement.pdf
魚拓
https://archive.ph/44T6s





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2022 All Rights Reserved.