薩摩川内市が導入した大型EVバス、故障多発のため5年で運行終了 非常用電源として活用も、今夏に処分 韓国ファイバー社が設計・製造 価格は8700万円 =ネットの反応「5年で8700万円のエコカーw」「エコと唱えていればどんな資源の無駄遣いも正当化される」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




全国に先駆け導入した大型EVバス、5年でひっそり運行終了 故障が多発 車体価格は8700万円

鹿児島県薩摩川内市が2014年4月、路線バスに導入した大型EV(電気自動車)は全国に先駆けた取り組みだった一方、故障が相次ぎわずか5年で運行終了した。
非常用電源や地域イベントの展示品として保管されていたが、20年に新型コロナウイルス感染が拡大。イベントの中止が相次ぎ、活用される機会がほとんどないままに今夏、処分された。充電設備などは9月上旬に撤去された。

 EVは「こしきバス」として、JR九州川内駅と川内港高速船ターミナルをつないだ。大型電気バスの路線バス導入は、北九州市と並んで日本初だった。1回の充電で最長80キロ走れ、車体価格は約8700万円。
市負担分は2000万円で、残りは国の補助金など。デザインは、九州新幹線「つばめ」や高速船甑島も担当した水戸岡鋭治氏。経済シティセールス部の有馬眞二郎部長は「電気バスの話題性と一貫した水戸岡デザインでまちをPRできた」と意義を語る。

 しかし、運行面では故障が目立った。予定した稼働日のうち運休日数が約3割を占めた。結局、13万6000キロを走って19年3月に引退。市総合運動公園の駐車場で非常用電源として保管された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b58f3e1f12a4e537a2064c001535a561cdea93b7

関連
平成27年10月2日
鹿児島県薩摩川内市
新エネルギー対策監 久保 信治

韓国ファイバーが設計・製造、三菱重工業が販売・納入

http://www.cev-pc.or.jp/pdf/event/event_evex_2015/evex2015_satsumasendai.pdf

関連動画
大型電気路線バス、薩摩川内で試乗会
2014/03/29




管理人
ネットの反応
名無し
な?
名無し
このEVバスはどこ製かな?
名無し
韓国製
名無し
運休3割ってゴミじゃん
裁判勝てるレベルでは?
名無し
非常用電源として活用してたってw 8700万円のバッテリーww
名無し
フル充電80km
このカタログスペックみたら糞商品と気づくべき
名無し
それ、走るだけならってことだろ?
客が乗って、エアコンつけたり、ドア開けたり、照明がつくと半分くらいじゃない?
名無し
最初はリースして問題なければ購入するもんじゃないの?
最初から購入してるのはなんでよ
名無し
大型ダンプが4台以上買える金額w
名無し
どういう故障?修理も無理なの?
名無し
乗用車ですら走行距離稼げない
大型車じゃあ無理
名無し
うーん、、どう考えてもEVバス作れるメーカーじゃ無いな。
一方、豊田市周辺では水素バスが普通に常時運用されて、コミニティバスさえも水素バスになってきてる。こわれるって話も聞かない。
名無し
5年で8700万円のエコカー?
名無し
エコと唱えていればどんな資源の無駄遣いも正当化されるw





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Share: