令和3年総務省発表の人口減少ランキング 1位 京都市 ▼11913人 2位 神戸市 ▼9208人 3位 北九州市 ▼8126人 4位 大阪市 ▼7766人… 京阪神を襲う人口減少の波 =ネットの反応「京都市の1位、凄くわかる…」「要するにガラの悪い所が減ってるってこと?」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




京阪神を襲う人口減少の波 減少数ワースト1位・京都市、2位・神戸市、4位・大阪市の衝撃

人口減少という言葉が定着して久しいが、いよいよ人口減少は本格化し始めてきた。令和3年の総務省発表の人口増減ランキングを見ると京阪神にとって衝撃的な結果となっている。まず人口減少数ワースト10を見てもらいたい。

1位 京都市  ▼11913人
2位 神戸市   ▼9208人
3位 北九州市  ▼8126人
4位 大阪市   ▼7766人
5位 名古屋市  ▼7512人
6位 江戸川区  ▼6384人
7位 広島市   ▼5668人
8位 長崎市   ▼5389人
9位 堺市    ▼5323人
10位 静岡市   ▼5217人

なんと1位・京都市、2位・神戸市、4位・大阪市、9位・堺市と関西勢が軒並みランクインしている。人口増減の推移を長らく見守ってきたが、令和元年まではワースト1位がせいぜいマイナス5000人、2~10位は大体マイナス3000人程度で推移してきたが、令和2年の京都市マイナス8000人超えに続いて、令和3年はさらに大きく落ち込み、遂に人口では健闘していた大阪市までもがランクインしたことは衝撃だ。

最大の原因は急激な自然減
そもそもなぜこんなに急激に人が減り始めているのか。

人口増減はふたつの要素がある。ひとつは、死亡者数と出生者数の差し引きである「自然増減」、もうひとつは転入者と転出者の差し引きである「社会増減」である。基本的に原因は大別するとこのふたつしかない。こちらの自然減ワースト10をご覧頂きたい。

1位 大阪市 ▼12468人
2位 横浜市 ▼11438人
3位 札幌市  ▼9835人
4位 神戸市  ▼8026人
5位 京都市  ▼7094人
6位 名古屋市 ▼6760人
7位 北九州市 ▼5690人
8位 新潟市  ▼4441人
9位 静岡市  ▼4206人
10位 堺市  ▼3775人

「子ども生まれず人は去る」弱り目にたたり目の京都

全文はリンク先で

https://news.yahoo.co.jp/articles/80175531618f9219bd7aa2d699ccaf4a148fa87d




管理人
ネットの反応
名無し
そりゃ夫婦で1人しか生まれないんだから減るわよね
どの場所でも時間の問題じゃね
名無し
ぶぶ漬けのせいどす
名無し
京都市が1位か… 住んでみて凄くわかる…
名無し
京都市は観光都市だからなあ
コロナで観光業が立ち行かなくなって仕事なくなったとかありそう
でも神戸市と大阪市はなんでだろうね
名無し
要するにガラの悪い所が減ってるってこと?
名無し
関西の地盤沈下がヤバいな
なんでみんな出ていくんだろう
無理して東京なんかに住むより京阪神の方がいい暮らし出来ると思うのに
名無し
京都はチャイナタウンになりそうだからな
名無し
京都市は夕張市をモデルに破綻を進めてるのかよ
名無し
京都市内は短期的に過ごす分にはまだいいんだけどな
名無し
関西、死んでしまうん?
名無し
京都は観光する場所
住むなんて恐ろしくて
名無し
能美市は増えてる
田舎でも上手くやってる所はある





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Share: