ラトビア議会選、親欧米の中道右派が第1党に ロシア系住民が人口の25%を占めるも、親ロシア政党は得票率が5%で大敗 =ネットの反応「親ロシア政党がもし勝ってたら、プーチンはロシア編入宣言しただろうなw」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




ラトビア議会選、首相の親欧米政党が首位 親ロ派は大敗

[リガ 2日 ロイター] – バルト3国のラトビアで1日に実施された議会選(一院制、定数100)は、2日に発表された暫定的な集計結果によると、カリンシュ首相率いる親欧米の中道右派「新統一」が19%を得票し第1党となった。

暫定結果は選挙区96%の開票が終わった時点。新統一を中心とする現在の連立政権は100議席中42議席を獲得する見通し。カリンシュ氏が首相にとどまるには、新たな政党と連立合意する必要がある。

人口のおよそ25%を占めるロシア系住民にかつて人気が高かった政党は、軒並み得票率を落とした。2018年の選挙で首位だった親ロシア政党「調和」は得票率が5%に低下した。同党指導部がロシアのウクライナ侵攻を批判したことから、従来の支持者が離れたとみられる。

以下略
https://jp.reuters.com/article/latvia-election-idJPKBN2QY07Y

管理人
ネットの反応
名無し
そりゃそうよ この情勢でバルト三国で親ロシア派は勝たんでしょ
名無し
親欧米党の勝利で良かったです。
名無し
親ロシア政党がもし勝ってたら、プーチンはロシア編入宣言しただろうなw





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Share: