アニメ『花咲くいろは』に登場した架空のお祭り「湯涌ぼんぼり祭り」、舞台のモデルとなった石川県金沢市湯涌(ゆわく)温泉で本物の祭りとして根付く =ネットの反応「サブカルが地方の、その土地の民族文化として根付き、受け継がれていくのはうれしい」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




湯涌ぼんぼり祭り
Wikipedia

湯涌ぼんぼり祭り(ゆわくぼんぼりまつり)は、石川県金沢市湯涌温泉にて2011年より開催されている祭りである。

2011年に放送されたテレビアニメ『花咲くいろは』劇中に登場する主要舞台のモデルとなった湯涌温泉(劇中では「湯乃鷺温泉」)は、放送開始以降多くのアニメファンが訪れる、いわゆる、サブカルチャーによる聖地巡礼の名所となった[1]。開始当初は地元でも認知度が低かったことから「作中のシーンをまねるファン」の光景などを地元民でさえ不思議がっていたが、次第にインターネット上でうわさが広まり、エンドロールに協力地として明記されたことから、2011年のゴールデンウイークには宿泊予約が相次いだ[2]。

そして大々的にタイアップ事業を展開する湯涌温泉では、劇中に登場する架空の神事「ぼんぼり祭り」も観光協会は「きれいな祭りだ」として、アニメ制作会社・ピーエーワークスの協力を得て2011年秋に開催する事を決定する[2]。なお、本行事は2008年(平成20年)7月28日に係る地域を襲った浅野川水害[注 1]からの復興3周年記念イベントの一環としての性格も持つが、同協会は恒例行事としての定着を狙っていた[3]。

毎年7月から約300基のぼんぼりを設置、10月の連休に祭事を行っている。温泉街入口から湯涌稲荷神社を通り、お焚き上げの儀を行う玉泉湖までの約500メートルを隊列の行列が進む形式である[2]。

開催初年となった2011年は主催者発表によると約5千人が集まった[4][5][3][6]。この模様の一部はUstreamで生中継され、延べ1万4千人を超える視聴があった[7]。結果、東日本大震災の影響による減少があったにも関わらず、平成23年度における湯涌温泉の入り込み客数は62,261人と前年度を7.4パーセント上回ったことが湯涌温泉観光協会から発表されている[8]。北陸新幹線・長野-金沢開業後の2015年の祭りには初回の2.8倍近くの1万4千人が来場した[9]。

「地域に根付く祭りにすること」にこだわり、宿のサービスも敢えてアニメと連携したものは設定しなかった所もファンの好評を得た[2]。毎年春に日程を発表するや否や湯涌温泉中の旅館が満室になるほどとなり[10]、ファンのみならずカップルや家族連れ、祭りがアニメ発祥と知らない人たちも多数訪れる行事となった[2]。

第10回湯涌ぼんぼり祭り




管理人
ネットの反応
名無し
ぼんぼってる!
名無し
参加してる10歳くらいの子供にとっては1000年前からの風習でも10年前のアニメでも同じことですね
名無し
確か今で言う伝統文化の始まりも、遊びのようなものだったものがあったはず。
ずーっと後の世では伝統文化になっているものの始まりを見ているのかもしれない…
名無し
折口さんも同じ考えと思う(思うw)が文化が文化として定着する前の格式が生まれる先駆けは、芸能(現在ならアニメも含む)のようなサブカルから出発していると思う。
なので、その文化(儀式)の必要性がその地域に理解されれば、それはもうすでに地域の民族的メインカルチャーに押し上げられている
名無し
ぼんぼり祭りの時期はすぐに宿埋まるから湯涌温泉行く時は微妙に時期ずらすんだよね。
なので実際に見た事はないw
ただ、アニオタがちょくちょく行くおかげでお一人様でも全然問題なく泊まれる(宿の人が慣れている)のは有り難い
名無し
こうやって文化って作られるんでしょうね~





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Share: