米国で「ロボトラック」と呼ばれる自動運転トラックの開発を進める新興企業が、重要技術を中国系企業に秘密裏に移転した疑惑が浮上 シャオディ・ホウCEOが解任される 米当局が調査に乗り出す 技術の移転先とされる中国系企業は水素燃料電池を使った自動運転トラックを開発

 にほんブログ村 政治ブログへ




【ニューヨーク共同】米国で「ロボトラック」と呼ばれる自動運転トラックの開発を進める新興企業に、重要技術を中国系企業に秘密裏に移転した疑惑が浮上した。米当局が調査に乗り出したと報じられ、不正への関与が問われた経営トップが解任されるなど大きく揺れている。

 疑惑が持たれているのは、ロボトラック開発を手がける米新興企業、トゥシンプル・ホールディングス。
解任されたシャオディ・ホウCEOは自身のSNSで「理由なく解任された」と潔白を主張している。

 技術の移転先とされる中国系企業のハイドロンは、水素燃料電池を使った自動運転トラックを開発している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ec7524d07783d20de2df756939305be58cb62e3f



管理人
ネットの反応
名無し
米ですらこんな有様なのに他国スパイに丸裸状態貫いてる日本頭おかしいんちゃうか
名無し
ホウって名前からして真っ黒やん
名無し
中国の企業だけどアメリカの企業としてやってる感じなのか
名無し
表沙汰になるだけ米国は健全で立派やで
それに引き換え・・・・
名無し
産業スパイか
日本の技術なんてガバガバだろうな





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Share: