イーロン・マスク氏、Twitterユーザーがコンテンツを有料化できる「課金動画(Paywalled Video)」 機能を開発中との報道 TikTok、YouTubeショートなどとの競争を睨む また、Twitterのクリエイターが有料コンテンツで獲得した収益を預ける高利回りな口座も提供

 にほんブログ村 政治ブログへ




イーロン・マスク、Twitterに「高利回り」の貯蓄口座を実装する可能性を示唆

イーロン・マスクは11月9日、Twitter Spacesで配信されたライブにおいて、Twitterのクリエイターが有料コンテンツで獲得した収益を預ける、高利回りなマネーマーケット口座(MMA:米連邦政府の保険付き預金口座)を提供する可能性を示唆した。

報道によるとTwitterは、クリエイターがコンテンツを有料化できる「課金動画(Paywalled Video)」 機能を開発しているという。インスタグラムのリール(Reels)やTikTok、YouTubeショート(Shorts)などの動画プラットフォームとの競争を睨んでのことだ。この機能を使えば、クリエイターは有料コンテンツへのアクセス料を1ドルから徴収でき、さらにTwitterアカウントへ現金残高を保持できる。

メリットの多い高利回りの貯蓄口座
高利回りのマネーマーケット口座は、高利回りの貯蓄口座と同様に、通常よりもはるかに高い金利を支払う貯蓄口座の一種だ。一般的な普通預金は1%以下の金利だが、高利回りの普通預金は3%以上の金利が得られる。

例えば、3%の利息が付いた高利回りの普通預金口座に1万ドル(便宜上100万円)を預け、5年間毎日複利で運用した場合、指一本触れずに約1618ドル(便宜上16万1800円)の利息が得られる。金利は経済によって変わるかもしれないが、全体的に見ると、お金を増やしたいのであれば、高利回りの普通預金口座に預け入れておくほうがよい。

全文はリンク先で
https://www.businessinsider.jp/post-261697





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Share: