『押せ、押せ』韓国の学校現場で「梨泰院圧死ごっこ」が流行 ハッシュタグをつけてTikTokになどに投稿 =ネットの反応「某映画ライターに言わせると、これが韓国の民主主義だそうですよ?」

 にほんブログ村 政治ブログへ




最近の韓国の学校現場で起きている衝撃の「梨泰院圧死ごっこ」

「クラスの子どもたちがおかしくなったようです。休み時間に『助けて』と言いながら梨泰院(イテウォン)ごっこをしているのです」「梨泰院圧死ごっこをしているのは私たちの学校だけでしょうか」--。

10代に人気というソーシャルメディア「TikTok」には最近「梨泰院ごっこ」「梨泰院惨事ごっこ」などのようなハッシュタグ(#)を付けてこのような投稿が次々と登場している。梨泰院ごっこはかつて「ハンバーガーゲーム(遊び)」と呼ばれていたもので、少ないときは数人から多い場合は数十人が段々に折り重なり下にいる人を体重で圧迫する行動を意味する。158人が亡くなった「梨泰院惨事」以降、小中高の男子学生の間で危険な「梨泰院ごっこ」が拡散している。

◇惨事の後…「梨泰院遊び」が拡散している学校現場

ソウルのある中学校1年生のイム君は「SNSに乗って惨事の映像が広がり、梨泰院惨事をまねるようなハンバーガー遊びが学年全体に拡散している雰囲気」と伝えた。

「教室の机・椅子を片づけて10人余りの子どもが折り重なって圧迫することが休み時間のたびに繰り返されている」というのがイム君の説明だ。

ソウルA高校2年生のパクさん(18)も「学校で生徒が『梨泰院圧死ごっこ』と呼んでハンバーガーゲームをするのを見て大きな衝撃を受けた」と話した。

TikTokなどSNSでは「給食を食べる時、『押せ、押せ』と言いながら梨泰院(惨事)をまねている」「特定の生徒が主導して友人をハンバーガー遊びで困らせる」などのような目撃談も次々に投稿されている。下になるほど圧迫の強度が大きなハンバーガーゲームが「校内暴力」の手段として広まる恐れがあるということだ。

実際、2011年には該当の行為で校内暴力を受けた中学生が死亡したという遺族の主張が出てきて警察が捜査を行ったこともあった。

(以下略)

11/16(水) 8:05配信
中央日報日本語版
https://news.yahoo.co.jp/articles/6acd63cbb932b8fd883d3144e69364319477cc5d

関連

韓国の若者の間で、ソウルの梨泰院で発生した雑踏事故を模した「梨泰院ごっこ」が流行している。中国メディアの環球網が9日、韓国の報道を引用して伝えた。

韓国メディア・韓国日報によると、世宗市のある中学校でこのほど、男子生徒7~8人が小柄な生徒を壁に押しつけて遊んでいるのを教師が発見。教師らは驚き、安全教育の必要性について議論を交わしたという。

記事によると、こうした“遊び”はほかの小中学校でも行われており、人を寝かせて折り重なるような行為もあった。子どもたちの間では「梨泰院ごっこ」「圧死ごっこ」などと呼ばれているという。

記事は、こうした現象はソーシャルメディアに事故現場の動画が氾濫している影響が大きいとし、事故を「再消費」する現象だと指摘。ある教師が「一部の生徒は問題の深刻さに気づいていない」と語ったほか、市民からは「若いころは事故を振り返るよりも、話題になっている事件を模倣することが多く危険。下手をするとこのような遊びが全国の学校にまん延する恐れがある」と危機感を示す声が上がった。

二次被害の問題もある。韓国のSNSでは事故を模倣した動画が簡単に見つかるといい、ある学生は「惨劇を連想させる動画が多く、こういうコンテンツを作って広める意図が本当に分からない」と憤った。

記事は、一部動画プラットフォームではフィルタリングにより、事故当時の現場映像はほとんど見られなくなっているが、事故をまねて作成された動画は遮断することができないとし、「犠牲者の遺族や負傷者はそれによって再び苦痛を受けることになる」と指摘。専門家から「事故の衝撃と傷が癒えるまで、刺激的な内容は積極的に規制すべき」との意見が出ていることを伝えた。(翻訳・編集/北田)

Record Korea
https://www.recordchina.co.jp/b904089-s39-c30-d0052.html
関連記事




管理人
ネットの反応
名無し
民主主義とか言ってたやつ見てるか?w
これが現実やぞw
名無し
渥美志保「これこそが民主主義だ!!」
名無し
週刊誌レベルのしょーもない記事
こういうのでネトウヨは喜ぶんだな
名無し
文句は中央日報まで
名無し
病身舞の国なのに、何もおかしくはないよ
名無し
某映画ライターに言わせると、これが韓国の民主主義だそうですよ?
名無し
なんか怖いよ
理解できない


※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Share: