Twitter元社員「W杯中にサーバーが落ちることはほぼ確実」「Twitterがオンラインを維持し続けられる可能性は50%以下」=ネットの反応「クビになった社員の風説流布みたいな記事だね」「まあ、どうなるか観察させてもらうわ」

 にほんブログ村 政治ブログへ




Twitter、W杯中に50%の確率でオフラインになると元社員予想

まもなくFIFAワールドカップカタール2022が開催される(日本時間では11月21日午前1時)が、その期間中にTwitterに大規模な障害が発生し、オフラインになる可能性が50%あるとの予想が報じられている。

英メディアThe Guardianは、Twitter元社員の予想を伝えている。この人物はTwitterのコマンドセンター(トラフィックの急増やデータセンターの停止などの問題を監視するトラブル解決チーム)の仕組みを知っているそうだ。

その原因とされるのは、ツイッター社内での準備の欠如と人手不足である。実業家のイーロン・マスク氏は同社の買収を完了させて以来、CEOやCFOほか複数幹部を解雇したのを皮切りに、従業員の大規模リストラに着手。さらに「ハードコアに働くか、さもなくばクビ」と宣告したところ、新たに1200人の正社員が退職したとの報道もあった。

元社員は、ワールドカップの期間中に何らかの事故が起こることはほぼ確実と示唆し、ユーザーが気づく形で問題が発生する可能性は90%と推定している。そして全期間を通じて、Twitterがオンラインを維持し続けられる可能性は50%以下とのことだ。

特にキックオフ時(試合開始の瞬間)にトラフィックの激増に悩まされる可能性が高く、クラッシュするかもしれないという。「運が良ければ、最小限の混乱で回復するだろう」ということで、ごく短時間であれ、サーバーが落ちることはほぼ確実と見られている。

全文はリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/9c76f975f7e653ba1ac135dc382098384a67d059




管理人
ネットの反応
名無し
つまり、重大な欠陥があることを知りつつも、それによる事故の対処・対応を他部署に丸投げすることが常習化していたわけだ。これではクビになるのも仕方がない。
名無し
実施すると速度が遅くなったりする設定も、高負荷時においてはサービス断より遅延の方がマシという判断で、一時的に有効にし負荷がおさまれば元に戻しすということがあります。
欠陥とか放置してた無能とか書いてる人がいますが、費用対効果を考えた上でどこでもやってる普通のことなので悪しからず。
名無し
未来予想は100%か0%で断言すべき。それ以外は「起きるかどうか分からない」と言ってるのと同じだし、「起きても起きなくても予想的中」と言えてしまうから、意味がない。しかも、よりにもよって「50%の確率」なんて…意味がないにも程がある。
名無し
多分事実なんだろう。でもTwitterが多少繋がりづらくなった所で大多数のユーザーには影響ないだろうから、やはり人員が過剰だったのは正しかったとなりそう。
名無し
まあ、どうなるか観察させてもらうわ
名無し
4年前のW杯も主導で対応していたの?
直前のこの時期にコードが書き換えられないから問題がおこるって、前回からこの4年間何の対策もしてなかったって事なのかな。
 
この社員の言う事が本当なら、今回どんな混乱が起きようがTwitterの社員を大量に削減したのは正解だったってことになる。
名無し
元社員が日々Twitterで大騒ぎするおかげで、ユーザー稼働率が過去最高に達してるとか。
さらにトランプ氏のアカウント復旧させるか投票は、ツイートアクセスが1億超えてた。
そして一番TwitterにかじりついてるのはW杯を国を上げては盛り上がらない日本w
まあ問題なく動くと思うよ。
名無し
この元社員は、今まで何度も世界的イベントがあったのに、毎回、手動で対応していたとでも言うのだろうか。
それとも、マスクが買収して以降、ユーザー数とツイート数が飛躍的に伸びたとでも言うのか。
名無し
クビになった社員の風説流布みたいな記事だね





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Share: