<文春砲> 木原事件 木原の妻X子の取調官が実名告発18時間 「悔しい思いをした後輩のためにも腹は括った。俺が知っていること、全部話すよ」 木原は俺に「いつでもクビ飛ばせるぞ」と言った

クリックのご協力をお願いします
 ↓↓↓m(__)m
 にほんブログ村 政治ブログへ




クリックのご協力をお願いします
 ↓↓↓m(__)m
 にほんブログ村 政治ブログへ




木原事件 妻の取調官〈捜査一課刑事〉実名告発18時間 木原は「俺が手を回したから」と妻に…【先出し全文】

警視庁捜査一課殺人一係、通称「サツイチ」。18年6月、サツイチの俺が木原の妻X子の取調官に指名された。俺を呼ぶってことは、自殺ではなく殺人事件だってことだ。木原は俺に「いつでもクビ飛ばせるぞ」と言ったが、X子の聴取を10回はやったしガサ入れもした。ところが捜査が佳境に入った時に突然、上司から終了を告げられたんだ。頭に来ているのは、警察庁の露木長官がこの前会見で「事件性はなかった」って大噓を吐いたこと。現役は話せないだろうが、去年退職した俺に失うものはない。悔しい思いをした後輩のためにも腹は括った。俺が知っていること、全部話すよ――。

警視庁捜査一課殺人犯捜査第一係、通称「サツイチ」。警視庁内のエース級が揃い、数々の難事件を解決に導いてきた捜査一課の花形部署だ。十数人のメンバーを率いる係長は、警察庁から広域技能指導官に指定されたベテラン刑事である。2018年6月、佐藤誠警部補(当時)は、係長から連絡を受けた。

「誠さんさぁ。申し訳ないんだけど、例の件の調べ官やってくれませんか。誠さんしかいないんですよ」

 長年苦楽を共にしてきた係長から、ある事件の取調官になることを直々に依頼されたのだ。だが、佐藤氏は同年1月21日、多摩川で入水自殺を遂げた評論家・西部邁氏(享年78)の自殺幇助事件の捜査の渦中にあり、逮捕された西部氏の知人の取り調べを担当していた。

「よほど厄介な事件なんだろ? この事件が終わってから世話になるよ」

 佐藤氏はそう告げたが、この時、既に腹は決まっていた。絶対にホシを落としてみせる――。

木原事件 妻の取調官〈捜査一課刑事〉実名告発18時間 木原は「俺が手を回したから」と妻に… | 週刊文春 電子版
...




管理人
ネットの反応
名無し
これは必見ですね。
買わなきゃ。
名無し
裏切ったり恫喝したりして成り上がった人間の末路とはこんなもんだ
名無し
この顔見てるだけでムカついてきます…
名無し
発言が事実なら捜査に圧力かけていた事になるね🥹
名無し
木原終了確定
➡しかし、大手メディアは騒がず
➡政権支持率さらに急落
➡解散総選挙で自民党大敗
➡国民から高市早苗待望論
が理想だね。
逆に言えば高市早苗政権実現はこのパターンしかない。
名無し
皆様で拡散を!(꜆꜄ ˙꒳˙)꜆꜄꜆オラオラオラオラ




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村