米コロラド州最高裁、来年の大統領選へのトランプ氏の出馬資格認めず トランプ氏を大統領選の投票用紙から除外 トランプ氏による言論の自由の主張も認めず 修正14条の「反乱者の禁止」理由に

クリックのご協力をお願いします
 ↓↓↓m(__)m
 にほんブログ村 政治ブログへ




米コロラド州最高裁、トランプ氏を大統領選の投票用紙から除外 修正14条の「反乱者の禁止」理由に

(CNN) 米西部コロラド州の最高裁判所は、2024年大統領選における同州の投票用紙からトランプ前大統領の名前を除外するとの判決を下した。合衆国憲法修正14条の「反乱者の禁止」を理由に候補者として適格ではないと判断した。

判決に賛成の判事は4人、反対は3人だった。

トランプ氏に連邦最高裁への上訴の猶予を与えるため、判決は来年1月4日まで確定しない。

州最高裁の判決はコロラド州にしか適用されないが、大統領選に波乱を巻き起こすことになる。

州選挙当局によると、3月5日の共和党予備選の候補者名簿を確定する法令上の期限が1月5日。本件はそれまでに解決する必要があるという。

署名のない多数意見は「トランプ前大統領は単に反乱を扇動しただけではない」「議事堂の包囲が完全に進行している時でさえ、ペンス副大統領に憲法上の義務を遂行しないように要求し続け、上院議員に投票の集計を阻止する説得をするように呼びかけることで、包囲への支持を続けた。こうした行為は反乱への明白かつ自発的、直接の参加となる」と述べた。

さらに「前述の証拠はトランプ前大統領が反乱に関与したことを立証したと断定する」とも述べ、「トランプ前大統領の数ヶ月にわたる直接かつ明白な取り組み、自身が不正と誤って位置づけるものを避けるために支持者に議事堂へ行進を強く勧める言動は、明白で、自発的であることは争いようがない」とした。

また、トランプ氏による言論の自由の主張も認めず、「(連邦議会議事堂襲撃事件当日の2021年)1月6日のトランプ前大統領の演説は修正1条では保護されない」と認定した。

修正14条では憲法擁護の宣誓をする当局者は「反乱に関与」した場合に将来の公職を禁止される。ただ、その文言はあいまいで、大統領職に明示的に言及していない。1919年以降適用されたのは2回のみ。

州最高裁の判事7人は全員民主党の知事らに任命された。そのうち6人は継続に関する州民の選挙を受けているが、1人は21年に任命され、まだ選挙を経ていない。

トランプ氏陣営の広報担当者は「コロラド州最高裁は今晩、完全に不備のある判決を出した。我々は迅速に合衆国最高裁に上訴する」と述べた。

トランプ氏は21年1月6日の出来事に関する違法行為への関与を否定し、修正14条に基づく訴訟を法的手続きの乱用だと非難している。

裁判は共和党と無党派の有権者のグループが、ワシントンのリベラル系政府監視団体と協調して起こした。州地方裁判所は先月、トランプ氏を反乱者と位置づけながらも、大統領職は修正14条のあいまいな禁止の規定から除外されるとの判断を下していた。

米コロラド州最高裁、トランプ氏を大統領選の投票用紙から除外 修正14条の「反乱者の禁止」理由に(CNN.co.jp) - Yahoo!ニュース
...

関連ニュース
ロイター
米コロラド州最高裁、トランプ氏の24年出馬資格認めず 陣営反発

[ワシントン 19日 ロイター] – コロラド州最高裁判所は19日、トランプ前大統領の支持者が2021年に連邦議会議事堂を襲撃した事件への関与を巡り、来年の同州大統領選でトランプ氏の出馬資格を認めない判断を示した。
https://jp.reuters.com/world/us/6TSDEHGXXZN5PLE4375SBAUJ6A-2023-12-19/




管理人
ネットの反応

名無し
ほへー
でもまあコロラド州だけでしょ
名無し
どーすんの?「合衆国大統領」になれないじゃん?
名無し
こんなことしたらマジで内乱起こるだろ
名無し
米国の民主主義も窮地ですね
名無し
アメリカの司法は完全に崩壊していますね
名無し
数州にこのとんでも判決が適用されても
合衆国全体では逆噴射の効果と推測します




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村