時事ニュースのネットの反応まとめブログ

アノニマス ポスト

酒井信彦・元東京大学教授「中村新社長メッセージに“大いなる違和感” 『サンゴ礁事件』『慰安婦報道』…世に送り出したフェイクニュース 『歴史の目撃者』論の総括を」~ネットの反応「南京事件もな」「もうすぐだよw 4月20日はKY記念日w」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




【朝日新聞研究】中村新社長メッセージに“大いなる違和感” 「サンゴ礁事件」「慰安婦報道」…世に送り出したフェイクニュース 「歴史の目撃者」論の総括を

 朝日新聞の中村史郎新社長は、デジタル版に「ジャーナリズムの力を信じ、社会に貢献する総合メディア企業へ」というトップメッセージを掲載している。ただし、一読して、大いなる違和感を抱いた。

 「地球規模の課題はウイルスだけではありません。温暖化は私たちの未来をむしばみ続け、社会の分断や民主主義の劣化が世界各地で進んでいます」と述べているが、コロナウイルスや温暖化といった自然現象で、社会の分断や民主主義の劣化が起きているわけではない。分断・劣化の根本原因は人間精神の腐敗・堕落にある。

 そして、腐敗・堕落させている中核的な犯人こそ、メディアに他ならない。つまりメディアが、精神のウイルスを世の中に蔓延(まんえん)させているのである。その力は極めて強力で、「メディア権力」と呼ぶべきものであるが、メディアはそれを自覚しないか、気付いても知らぬふりをしている。

 また、中村新社長は「デマや根拠があいまいな情報がネットに溢れ、社会の分断や対立を招いています」といっている。

 メディア側は、ネット情報の悪質さに言及するのが常だが、日本の戦後の歴史を見る限り、「デマや根拠があいまいな情報」をたれ流してきたのは、ネット誕生のはるか以前から存在する主流メディアであり、朝日新聞は紛れもなく、その中心的な存在であった。

 そして、朝日新聞が世に送り出した、デマ情報つまりフェイクニュースの“傑作”として、「サンゴ礁事件」や「慰安婦報道」があるわけである。それによって、朝日新聞は重大な報道犯罪を行ったと言わなければならない。

(略)

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/210417/dom2104170004-n1.html

「歴史の目撃者」論について“暴露”した『新聞と「昭和」』(朝日新聞出版)





管理人
ネットの反応
名無し
あぁ例の「KY」で有名なやつね
名無し
毎日新聞とHENTAIに長野県の参議院議員である杉尾秀哉
で調べると今も続くマスゴミの問題が丸裸
長野県補欠選挙にも注視してね
名無し
もうすぐだよw 4月20日はKY記念日w

本田 嘉郎(ほんだ よしろう、1948年 - )は、日本の写真家で、元・朝日新聞社カメラマン。
朝日新聞珊瑚記事捏造事件を起こしたことで知られる。
1989年4月20日の朝日新聞夕刊(大阪本社版や夕刊を発刊していない統合版発行地域を除く)に、自らKYの文字を刻んだ上で世界最大の[1]アザミサンゴを撮影した写真と共に、「沖縄県西表島のアザミサンゴにKYの落書きがされている。これは1980年代の日本人の記念碑になるに違いない」という日本のダイバーのモラルの低さを批判し、環境破壊に対して警鐘をならす記事を掲載した。KYの文字の意味については明らかになっていない。
ところが、この後に自作自演行為による記事だったことが発覚した。これを受けて、朝日新聞では5月16日、20日の「カメラマンが無傷の状態であったサンゴに文字を刻み付けた」と発表したお詫び記事[2]を経て、本田は5月19日付けで懲戒解雇相当の退社処分[3]となった。
本田は自然環境保全法違反で那覇地方検察庁に送致されたが、当時の法律の不備のために罪を問うことができず、不起訴処分となった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

名無し
朝日新聞は国民の敵
名無し
南京事件もな
名無し
吉田調書もな




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.