NTTドコモ・KDDI(au)・ソフトバンクがファーウェイ新製品の販売を停止~ネットの反応「売ったところでGoogleが使えなくなったらクレームの嵐だろうし」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

国内携帯3社、ファーウェイのスマホ販売見合わせ
5/22(水) 20:54配信

携帯電話の国内大手3社は22日、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)が製造したスマートフォンの新商品について、発売延期や予約停止にすると発表した。トランプ米政権によるファーウェイ排除措置を受け、米グーグルが提供するスマホ向けサービスの一部に制限がかかると懸念されていた。大手3社が発売を中止する可能性もあり、トランプ政権の判断が日本の携帯電話市場にも飛び火した。

 対象となる新商品は、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの大手3社が今夏、それぞれ1機種取り扱う予定だった「Pシリーズ」。

 ソフトバンクは、格安ブランドのワイモバイルが14日に予約の受け付けを始めて24日に発売する予定だったが、発売延期を決定。予約した顧客にはキャンセルすると伝えた。KDDIも今月下旬の発売に向け14日から予約を受け付けていたが、発売延期を決めた。キャンセルの判断は予約客に委ねる。今夏の発売を予定していたドコモは22日で予約受け付けを停止。予約客に意向を確認して対応を決めるという。

 格安スマホ業者の楽天モバイルと、KDDI傘下のUQコミュニケーションズも22日、ファーウェイの新型スマホの発売延期を発表した。

 トランプ大統領が15日、ファーウェイを念頭に、安全保障上の脅威があると判断した外国の通信機器の使用を禁じる大統領令に署名。米商務省もファーウェイに対して米製品を許可なく輸出することを禁じる措置を公表し、ファーウェイ排除を進めている。ファーウェイのスマホは、グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を使っており、グーグルがファーウェイのスマホ向けソフトの提供を停止したとロイター通信が伝えるなど影響が懸念されていた。

 ファーウェイは20日付で「今後のセキュリティー更新や、アフターサービスなどが影響を受けることはない」との声明を出したが、携帯電話各社はサービスを従来通り提供できる確証が得られなかったため、発売延期や予約停止に踏み切った。

 一方、ファーウェイはインターネット通販などでスマホ端末を消費者に直接売る販路も持っており、「直接販売するP30とP30 liteは、予定通り発売する」と22日発表した。【加藤明子】

 ◇発売のめどが立たなくなったファーウェイのスマートフォン

 【NTTドコモ】HUAWEI P30 Pro HW-02L

 【KDDI(au)】HUAWEI P30 lite Premium

 【ソフトバンク傘下のワイモバイル】HUAWEI P30 lite

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-00000091-mai-bus_all

管理人
ネットの反応
名無し
当たり前の判断。これまでバックドアが何度も見つかっていてセキュリティリスクがあるのに説明もせずに販売したら詐欺。他社(Google)がやったからというのは情けないところだが、売ってしまうよりは良い。
何年も前から言われているわけで、売ってきたキャリアに責任が無いことにはならない。今まで売ってしまった分の補償はどうするんだ。
これを機に中国製IT機器ソフトウェアのセキュリティリスクを見直すべきだ。特に日本ではBaidu IMEおよびSimejiが情報弱者から情報を吸い上げ中国に送信されてしまっている。
名無し
子供用に2台契約したけど今後はどうなるのか心配。Googleが使えなくなる噂もあるしYouTubeも見れなくなりそうだし。
名無し
Googleのサービスが使用できなくなると報道されていますし、安くてもHUAWEI製品を買うのは賢明ではありません。
名無し
安全性が疑われるなら
売らない方が良い
名無し
Googleが使えなくなるは大変そう。
NHKが使えなくなる携帯だったらまだ売れたかもね。
名無し
まぁグーグルが制限されたら日本では使いもんにならないからな。売ったところでGoogleが使えなくなったらクレームの嵐だろうし

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする