がん患者の10年後、生存率は約60% 初の大規模調査で判明 国立がん研究センターが発表 がんの種類ごとに閲覧可能~ネットの反応「人によっては希望を与えるニュースやな」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




がんと診断された患者の10年後の生存率について国立がん研究センターが初めて大規模な調査をした結果、生存率は約60%だったことが分かりました。

 国立がん研究センターは2007年と2008年に地域の拠点病院でがんと診断を受けた約42万人の10年後の生存率を初めて調査しました。

 その結果、2007年にがんと診断された患者の10年後の生存率は60.1%で、2008年の患者は59.4%でした。

 これまでは一つの目安として5年後の生存率が使われてきましたが、今回の調査によって5年目以降も肝細胞がんやステージが進行した乳がんでは生存率が下がる傾向があることが分かりました。

 センターは「がんによっては5年以降も長期的なフォローが必要だと分かった」としています。
[テレ朝news]

2007・08年10年生存率(初)、2012・2012-13年5年生存率、2014・2015年3年生存率集計公表
2021年4月27日
国立研究開発法人国立がん研究センター

国立研究開発法人国立がん研究センター(理事長:中釜斉、東京都中央区)は、専門的ながん医療を行う全国のがん診療連携拠点病院等から収集した院内がん登録情報を用いて、2007年と2008年診断例の10年生存率、2012年診断例(単年)と2012から2013年診断例(2カ年)の5年生存率、2014年と2015年診断例の3年生存率集計結果を公表しました。さらに5年、3年生存率については簡易に結果を閲覧できるよう「院内がん登録生存率集計結果閲覧システム」を開発し、公開しました。

国立がん研究センターがん対策情報センター「がん情報サービス がん登録・統計」統計ページ
報告がん診療連携拠点病院等院内がん登録生存率集計(報告書)

院内がん登録生存率集計結果閲覧システム

※閲覧システム
はじめに「がんの種類」と「診断年/生存率」を選んで結果表示ボタンを押して下さい。
性別や年齢等別に詳しく生存率を調べたい場合は、詳細設定を開いて選択して下さい。
https://hbcr-survival.ganjoho.jp/search




管理人
ネットの反応
名無し
世界的に生存率が高いか低いか分かんね
名無し
人によっては希望を与えるニュースやな
名無し
ガンの部位や進行状況によって生存率はまちまち。部位ごとに見てみないことには
名無し
要は早期発見の効果でしょ?




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.