【速報】小泉純一郎元首相が広告塔、息子・小泉孝太郎がCMに出演している太陽光発電会社「テクノシステム」が融資金詐取か 東京地検特捜部が家宅捜索~ネットの反応「進次郎、どうすんのこれwww」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




ANNnewsCH

【独自】太陽光会社が融資金詐取か 特捜部が捜索

横浜市の太陽光発電関連会社が金融機関から融資金をだまし取った疑いがあるとして、東京地検特捜部が関係先に家宅捜索に入ったことが分かりました。

 家宅捜索を受けたのは「テクノシステム」とその関係先です。

 関係者によりますと、去年夏ごろ、バイオマス発電事業を巡って金融機関に嘘の書類を提出し、融資金3億円前後をだまし取った疑いがあるということです。

 特捜部は取引先など少なくとも7カ所を家宅捜索していて、押収した資料を分析するなどして実体の解明を進めるものとみられます。

 生田尚之社長は「人様から後ろ指を指されるようなことはしていないと言い切れる」と主張していました。

[テレ朝news]

関連

デイリー新潮

小泉純一郎が広告塔の太陽光発電会社のグレーな経営実態 息子・孝太郎もCMに出演

SDGs(持続可能な開発目標)を看板に掲げ、サステナブルな未来を目指す太陽光発電会社――。反原発の旗手・小泉純一郎元総理(79)が広告塔を引き受けたのも頷ける。しかし、その実態はクリーンどころか、グレーな疑惑にまみれ、事業は持続不可能な状態に……。

その写真には、歴代最高の80%を超える内閣支持率を誇った、かつての宰相の姿があった。往時と変わらぬ白髪の“ライオンヘア”で、顔をほころばせるのは小泉純一郎元総理。問題は、その左隣で満面の笑みを浮かべる恰幅の良い男の存在だ。

 彼の正体は、目下、金融業界関係者が固唾を呑んで動向を注視する人物、株式会社テクノシステム(以下、テクノ社)の生田尚之代表取締役(47)である。

 横浜ランドマークタワーに本社を置くテクノ社は、太陽光発電や海水の淡水化システムなどを手がけ、2018年、19年の11月期には、共に160億円超の売上高を計上している。

 そんな企業の代表と元総理が深い関係にあるのは間違いない。政界引退後、極端にメディアへの露出が減った小泉氏だが、昨年は2回にわたって、生田氏との特別対談広告が「日経新聞」に掲載された。

 しかも、自然エネルギーへの取り組みを熱く語る生田氏に対し、小泉氏は、

〈すごいな。生田君の仕事は夢がある。私は、日本は世界最先端の自然エネルギー大国になれると信じている。自然を我々の生活に生かす。その実現に向けて、ぜひこれからも頑張ってほしい〉(20年9月4日付)

 と手放しで持ち上げて見せた。では、抜群の知名度を誇る元総理を広告塔に担ぐこの企業は、なぜいま注目を集めているのか――。

 金融業界に激震が走ったのは2月5日のこと。

 SBIソーシャルレンディング(以下、SBISL)が、〈貸付先の事業運営に重大な懸案事項が生じている可能性が認められた〉として第三者委員会の設置を発表したのだ。同社は、北尾吉孝氏が率いるSBIホールディングスの100%子会社。9日には代表取締役の織田貴行氏が取締役に降格し、金融庁から「報告徴求命令」が出されていたことまで発覚した。

 そこで浮上した疑惑の〈貸付先〉がテクノ社だった。

 まずはSBISLとテクノ社の関係を説明しよう。

 SBISLが扱う“ソーシャルレンディング”は、お金を借りたい企業と、お金を貸したい一般投資家を仲介するサービスである。

全文はリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/0cb9dc027159ed9673e6d2b12fe98fc6f03e82fd

関連記事





管理人
ネットの反応
名無し
進次郎、どうすんのこれwww
名無し
太陽光はうさん臭い
名無し
進次郎は後ろ盾を失ったな

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.