自民党の山本拓議員(二階派・日韓議員連盟)、韓国と共に反日活動 山本拓「福島の汚染水海洋放出は撤回するべき」「菅総理は勝手に放出を決めた」「海洋放出をするのではなく、韓国と協力しなければならない」韓国紙のインタビューで

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




機械翻訳

東亜日報

[単独]「日原発汚染水の海洋放出撤回されなければ。菅、黨ご了承も得ずに決定 "

自民党所属山本ダーク衆院議員は「日本政府が原発汚染することができ放出決定を撤回しなければならない」と述べた。東京=パク・ヒョンジュン特派員lovesong@donga.com

「韓国と中国の懸念を理解する。福島原発汚染水の海洋放出の決定は、撤回されなければならない。」
日本の与党自民党の山本ダーク(山本拓・69)衆議院議員は27日、東京、衆議院会館での本紙とのインタビューで、「菅義偉(菅義偉)首相が各の(閣議)決定もせず、党の了承も求めないまま、突然の海洋放出を決定した」とこう言った。

彼は自民党の8線ベテラン議員である。自民党2引数であり、昨年9月の党総裁選で菅首相当選に「キングメーカー」の役割をした二階俊博(二階俊博)幹事長派閥に属している。原発が多く福井県で県議員に政治生活を始め、現在の衆議院エネルギー調査会に所属している。

山本議員は「菅首相が「貯蔵タンク敷地がない海に放出する」としたが、実際のそうではない」と強調した。福島第1原発の敷地は約350万m²で汚染することができ貯蔵タンクと今後肺に必要な施設の敷地などを除外しても、85%が残るのが彼の説明だ。十分なスペースがので貯蔵タンクをさらに設置し、汚染の数を長期保管しなければならないと主張した。汚染水の長期保管に先立って最優先課題として、彼は「汚染することができ、新規作成を止めること」を挙げた。国際原子力機関(IAEA)も昨年4月に報告書で「新規汚染水を防ぐこと」を勧告し、多くの専門家たちも、技術的に可能であると言っているとした。

「汚染水の海洋放出に反対する議員が自民党内に何人もいることを」を尋ねたところ、「私を含めて3人の議員が汚染水処理方針勉強会を作った。昨年の最初の会議と、議員40人ほどが集まった」と答えた。この会は、汚染することができ、海洋放出に疑問を持っていくつかの選択肢を探している。すでに菅首相が海洋放出を決定したのに、来月13日に第二回会合を開く。彼に出した勉強会の紹介資料には、「菅首相は、国民の疑問に正直で丁寧にお答えください」という副題がついていた。彼は「昨年初めて勉強会をしたとき二階堂幹事長に「賛成、反対というより(海洋放出)理由を知らないする。首相が説明責任を果たさなければならない」と申し上げた。すると無言うなずいた」と述べた。

彼は隣人国である韓国と中国の懸念について「私はそのような状況であっても同じように心配するだろう」とし「日本政府は、2年間の海洋放出準備をするのではなく、韓国と協力しなければならない。韓国も「汚染することができること自体を一緒に防ごう」と提案してくれるとうれしいです」と語った。

彼は日韓(韓日)議員連盟のメンバーである。悪化した日韓関係について尋ねたところ、「両国関係は夫婦のような間なのに、毎日夫婦喧嘩をしている状況である。しかし、最近、日本の若者たちは韓国映画、ドラマが好きなどの文化が両国を続けている。政治的な問題は、先送り知恵が必要だ」と答えた。

東京=パク・ヒョンジュンlovesong@donga.com·キム・ボムソク特派員

https://news.v.daum.net/v/20210430030351886




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.