韓国大統領府「日本にいつでも会う意向ある…過去史・未来関係の分離を」~ネットの反応「過去のことでこれから未来に向けてお金をせしめようとしている人たちがなにを言ってるんだ?w」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

青瓦台(チョンワデ、大統領府)は20日、韓日首脳会談の白紙化の可能性について「韓国としてはいつでも会う意向があり、いつでも開かれている」と明らかにした。

高ミン廷(コ・ミンジョン)青瓦台報道官はこの日、春秋(チュンチュ)館で記者会見を通じて韓日首脳会談が白紙化されるかとの質問に「今のところ決定されたことはない。文在寅(ムン・ジェイン)大統領のG20首脳会談の日程が整理され次第、お知らせする」と話した。

高報道官は「われわれは今まで韓日首脳会談が開催されることを希望すると明らかにし、文大統領もそのように話した」として「われわれは過去史問題と現在・未来の韓日関係を『ツートラック』に分けるべきだという一貫した立場を持っている」と伝えた。

習近平中国国家主席の韓国の非核化仲裁・促進の役割が弱まる可能性があるという懸念に対しては「メディアは韓国の役割を仲裁者・当事者などと表現するが、そのような規定より韓半島(朝鮮半島)の非核化と平和を実現するために最速の方法の模索に乗り出す」と話した。

また、「今韓半島を取り巻く様々な動きに対してすでに中国と緊密に協議しており、韓米首脳会談もまもなく実現する予定」とし、「このようなすべての全般的な状況を大きな枠でとらえてもらいたい」と付け加えた。

習主席の訪朝で非核化の対話構図が「南・北・米」から「南・北・米・中」に変わるのではないかとの一部の見方に対しては「多様な解釈があり得る」として「結局、朝米が問題を解決するだろうが、その過程でどのような新しい方式が出るか今の段階で予断することは難しい」答えた。

一方、青瓦台はこの日午後、鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長の主宰で国家安全保障会議(NSC)常任委を開き、習主席の訪朝同行および今後の韓半島の完全な非核化に向けた米朝間交渉の再開について話し合ったと伝えた。

NSC常任委出席者は関係諸国と緊密に協力して米朝間交渉が早急に再開されるように最善の努力をつくすことにした。

2019年06月21日06時59分 [中央日報/中央日報日本語版] https://japanese.joins.com/article/681/254681.html?servcode=A00&sectcode=A10

管理人
ネットの反応
名無し
あって何かすることあるの?
名無し
お前らが宿題提出するまでこっちは会う気一切ねーから
名無し
首脳会談断られてパニクったかw
名無し
日本政府もまずは約束を守ってからだ。
くらい言えよ!
名無し
>韓国としてはいつでも会う意向があり、いつでも開かれている

意訳:誰も会ってくれないから時間が余っています。何か仕事した格好をさせてください。
名無し
>「われわれは過去史問題と現在・未来の韓日関係を『ツートラック』に分けるべきだという一貫した立場を持っている」

こいつは馬鹿なのかな?
過去の約束を無視する連中相手に現在・未来に何をするんだ?
名無し
> 過去史・未来関係の分離を
言ってることとやってることが矛盾してるだろw
慰安婦とか徴用工とかさんざん文句言っといて、仲良くしようぜって頭おかしいw
あとレーダー照射は今の問題だし

名無し
> いつでも会う意向ある
会ってほしいのは韓国側で、日本は会う必要無いんだよね
なんで「会ってやる」って偉そうにするの?w
徴用工問題どうするか具体的な案はあるの?
日本に「譲歩しろ」っていうだけなら日本は会う必要ゼロなんだがw
名無し
過去のことでこれから未来に向けてお金をせしめようとしている人たちがなにを言ってるんだ?w
名無し
韓国に未来なんかないだろうwww
名無し
お願いする態度じゃない
名無し
過去のことにネチネチと拘ってそれを現在のことに絡めているのは韓国側なんだけどね
名無し
頼むから一度お試しで断交してみようって話できるなら会う
名無し
なんで、「上から目線」なの?
土下座して当然なのに
名無し
分離も何も、絡めてるのはそっちなんだが
名無し
条約すら守らない国と会談する意味は無い、何を約束しても守らないんだから
名無し
韓国って、本当に日本に上から物を言いたいんだねw
名無し
ふんぞり返りながら金借りくるのは韓国人だけだって政治家が言ってたのを思い出した
名無し
ほっとけばいい
日本は別に困らない

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする