時事ニュースのネットの反応まとめブログ

アノニマス ポスト

次世代電池の本命 コスト安で、どこにでも貼れる新太陽電池「ペロブスカイト型太陽電池」 桐蔭横浜大学の宮坂力特任教授が発明するも、特許出願手続きに多額の費用がかかることなどを理由に海外で特許を取得せず 特許使用料を支払う必要がない海外企業が開発で先行

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




ペロブスカイト型太陽電池は日本生まれの技術だが、知的財産をみると大きな穴がある。発明した桐蔭横浜大学の宮坂力特任教授は、技術の基本的な部分について海外で特許を取得していないからだ。出願手続きに多額の費用がかかることなどが理由で、特許使用料を支払う必要がない海外企業の先行を許している。

宮坂氏は09年に発明した後、宮坂氏が興したスタートアップのペクセル・テクノロジーズ(横浜市)を通じて国内で約10の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO75387020S1A900C2TEC000/

コスト半減、どこでも貼れる新太陽電池 初の量産

印刷技術を使い、従来の半額で製造できる「ペロブスカイト型」と呼ばれる新型太陽電池の世界初の量産が9月に始まる。ポーランドのスタートアップが建物の外壁などに設置する電池として出荷する。英国や中国の企業も2022年に量産を始める。安く設置場所を選ばないため、普及すれば世界の再生可能エネルギーの割合が高まりそうだ。

ペロブスカイト型は薄いガラスやプラスチックの基板上に液体を塗り焼いてつくる。シリコンの結...
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF303RU0Q1A730C2000000/




ペロブスカイト型太陽電池とは

次世代電池の本命、ペロブスカイト型太陽電池

ペロブスカイト型太陽電池とは、日本で開発された太陽光を用いる太陽発電を主とする電池だ。この電池は日本で製造されたものであり、安価に製造でき薄く曲げることが出来るため、ドームや車への設置が期待されている。

現在、ペロブスカイト太陽電池は知名度をそれほど多く集められてはいないが、その発電方式や効率度はこの先世界的に有名になるであろうと期待されているのだ。本記事ではこの電池が持つ3つの主要な長点を考察していきたいと思う。

1つは低コストで製造できるという点だ。ペロブスカイトは基盤に材料を塗るだけで製造できるため、大規模な工場の装置を使用せずとも生産することができる。従って、原材料や生産コストを含めてもシリコン型太陽電池と比較して半分の値段で製造することができるのだ。

2つ目は薄く曲げることができるという点だ。シリコン型太陽電池の場合、設置できる場所の条件が限られているが、ペロブスカイト型太陽電池の場合は柔らかいフィルムを使って製造されるので、非常に柔軟性がある。

3つ目は、発電率の高さである。現在日本における最新鋭のシリコン型太陽電池は25パーセントであるが、ペロブスカイト型太陽電池程の柔軟性はなく、そこが課題とされていた。しかし、ペロブスカイトの発電率は20パーセントを突破し、様々な用途が推測されているのだ。

この3つのペロブスカイト太陽電池が持つ特徴は、この先のエネルギー発電をを飛躍的に進歩させるものであり、我々人間の生活を向上させる潜在能力を秘めている。

https://trandea.com/2018/08/09/solarheat/

有機と無機のハイブリッドで高変換効率を生み出す
ペロブスカイト型太陽電池の開発

宮坂 力(桐蔭横浜大学 大学院工学研究科 教授)
ALCA
実用技術化プロジェクト課題 自律分散型次世代スマートコミュニティ
「有機無機ハイブリッド高効率太陽電池の開発」研究代表者(H25-28)

https://www.jst.go.jp/seika/bt107-108.html



管理人
ネットの反応
名無し
こういうところに国が補助金を出して、特許取りまくらないから
日本は搾取され続けてるんだぞ
名無し
企業に売り込まないからだろ
名無し
政府が補助しろよ





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.