<独島硬貨>タンザニア中央銀行「独島記念硬貨を発行したという噂が流れていますが、これは悪意のある噂で、根拠のないものであることをはっきりさせておきます。また、そのような硬貨を造る会社とも一切契約していません」〜ネットの反応「FNNはいい仕事をしたね」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

前文略

実はヨーロッパ製!? 疑惑の韓国「タンザニア独島硬貨」を徹底調査

会社の所在地は「リヒテンシュタイン」だった

その後の私たちの調査の結果、「ヨーロッパの会社」はオーストリアとスイスの間に位置する「リヒテンシュタイン」にある硬貨製造会社であることが分かった。

早速、独島硬貨の真相を聞くため、コンタクトを試みた。担当者は会議中ということで、直接話すことはできなかったが、1通のメールが送られてきた。

「(独島硬貨は)タンザニア銀行によって正式に認可された硬貨です。現在、タンザニア銀行とこの件について調査しており、調査後にプレスリリースを出します」

独島硬貨はタンザニアの中央銀行であるタンザニア銀行によって「正式に認可を受け」製造したものだと主張している。

コインに詳しい関係者によると、コレクター向けの記念硬貨を製造する会社はヨーロッパを中心に複数ある。これらの会社はタンザニア、パラオ、クック諸島などから硬貨発行の認可を受け、自社企画や外部からの発注を受けて記念硬貨を作るのだ。一方、認可を出す国は、認可料や国の広報を目的にしているという。

調べてみると、サンリオの人気キャラクター、キティちゃんの記念硬貨がクック諸島の硬貨として何種類も製造されていて、こうした記念硬貨がそれほど珍しいものではない事が分かった。

タンザニア銀行が“驚きの発表”

最後にタンザニア銀行にコンタクトを試みた。なかなか電話がつながらないため、問い合わせのメールを送り返信を待っていたところ、突如、9月18日付で以下の発表文を公表した。

「ソーシャルメディアで、2019年7月にタンザニア銀行が表側に独島を、裏側にタンザニアの紋章を描いた記念硬貨を発行したという噂が流れていますが、これは悪意のある噂で、根拠のないものであるということをはっきりさせて頂きたく存じます。また、そのような硬貨を造る会社とも一切契約していません」

なんと「悪意のある噂」との表現で、独島硬貨には一切関わっていないと断言したのだ。タンザニア銀行が認可を出したとするリヒテンシュタインの硬貨製造会社の主張とはまるで正反対だ。

タンザニア銀行の発表が正しいなら、「タンザニアが独島硬貨を発行した」との韓国KBSの報道は明らかな誤報と言わざるを得ない。結局、誰のどんな意図によって独島硬貨が製作されたのかは明らかになっていないが、少なくともタンザニアが竹島を韓国領だと認めたという事実はなさそうだ。

タンザニア銀行の発表について、再びリヒテンシュタインの硬貨製造会社に取材を申し入れているが、現時点で回答は届いていない。(9月19日時点)

疑惑の「独島硬貨」を報道してしまう韓国メディア

日韓関係はいわゆる徴用工問題や慰安婦問題などで悪化の一途をたどっている。日本が韓国を輸出管理上の最優遇対象国から除外した措置への対抗として、8月31日には韓国の国会議員6人が竹島に上陸した。韓国側の挑発によって関係悪化に拍車がかかっていて、韓国メディアによる日本批判はもはや日常の光景となった。

こうした“日本たたき”の流れの中で、公共放送ですら正体の知れない「タンザニア独島硬貨」に飛びつき報道してしまうというのが、現在の韓国内の実状と言えるだろう。

なおタンザニア銀行の発表を受けて韓国KBSにもコメントを求めているが、いまのところ返答はない(9月19日時点)

FNN
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190919-00010013-fnnprimev-kr&p=2

※関連記事
韓国KBS「タンザニア中央銀行が『独島は韓国の領土』記念コインを発行」⇒デマでしたw 菅長官「タンザニア中央銀行を含めタンザニア政府は、記念コインを発行した事実はないと回答があった」

管理人
ネットの反応
名無し
KBSは大韓民国設立時に国営化された、歴史のある放送局。日本のNHKよりもさらに公的化・権威ある放送局というところ。
問題の報道はYouTubeKBSの公式チャネルに収録され
COINS DESCRIBING DOKDO ISLETS / KBS
現在でも閲覧可能。
該当コインが映し出されていましたが、手のひらサイズでコインとは言い難く、放送当時から物議をかもしていました。またタンザニア銀行のリリースは  www.bot.go.tz/Adverts/PressRelease/PressRelease.asp から取得でき、本文の内容も確認できます。
なお記念硬貨やメダルの類について、製造を他国に依頼する事はよくある事です。日本の造幣局もUAEやラオス、オマーン、ミャンマーなどの記念硬貨を製造した経歴があります。

COINS DESCRIBING DOKDO ISLETS / KBS

名無し
嘘も100回言えば本当になるという嘘付き国らしい話ですね
名無し
また、自作自演か‥
名無し
その内、対馬、壱岐までも入った硬貨が出るかもな、驚きはしないけど。
名無し
こういうのは、外務省が対応すべき
そしてしっかりと内容と証拠を残して、世界に発信すべき
名無し
誤報ではなく硬貨を作らせたのが韓国外務省の支援を受けた民間団体と称する反日国際世論形成を目的とした政府公認機関ではないですか?だとすれば韓国政府・KBSは確信犯だから誤報でごまかされてはダメでしょう。これに対して日本外務省がタンザニア政府を動かすようにしてくれないとまたやったもの勝ちになりますね。
名無し
政府が国際社会に向かって平気で『嘘』を言いまくる国ですから、今では何も驚きませんね。
それどころかこの硬貨を造らせたのも、かの国なのではと思うのが普通ではないでしょうか。
もう気が狂った国家と言うしか無い様な狂いっぷりで呆れるだけです。
ただしつこく日本に対して嫌がらせを続ける事には大変長けていますので日本も注意が必要ですね。
先人たちが言うように本当に信用してはいけない国と言う事が、この2年間でよく判りましたね。
やはりもう隣国とは距離を置くのが一番だと思うようになってしまいました。
名無し
この竹島(独島)コインを、どこの誰が何の為に製造しようと言いだしたのか知りたいです。
そして、何故タンザニアが選ばれたのか。
日本としては許しがたい事でもあるけれど、このコインの意図が気になります。
名無し
このニュースをリリースしたメディアは、実に素晴らしい仕事をしていると思う。こういった事実かどうかわからないようなものを、手間をかけてちゃんと実証することこそ、価値のあるメディアです。韓国から流れてくる嘘八百を、丁寧に論破することは重要なことです。

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする