時事ニュースのネットの反応まとめブログ

アノニマス ポスト

中谷元・首相補佐官(国際人権問題担当)「中国の人権問題、看過できないような状況」 でも制裁法には慎重 「中国に寄り添って問題を解決する役割を日本は期待されている」=ネットの反応「中国に寄り添って解決した問題は何があるの?」「親中派の腕の見せ所ww」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




中谷補佐官「中国人権看過できず」 制裁法には慎重
11/15(月) 23:53配信

産経新聞
中谷元・首相補佐官(国際人権問題担当)は15日夜のBS日テレ番組で、中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区や香港での人権状況について「看過できないような状況がある。日本としてどう対応していくか政府で検討する必要がある」と語った。

一方、重大な人権侵害行為に制裁を科すための日本版マグニツキー法の制定については「簡単にいかない」と慎重な姿勢を示した。「一方的に価値観を押し付けて制裁するやり方も一つだが、寄り添って問題を解決する役割を日本は期待されている。紛争を助長したり、事を荒立てたりするのがすべてではない」と述べ、「対話と協力」を人権外交の基本とする日本政府の立場を説明した。

中谷氏は「人権外交を超党派で考える議員連盟」の共同会長として、日本版マグニツキー法の制定を訴えていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/629b0fe89eedc3f21317422e6b0df4e01f1521a7




管理人
ネットの反応
名無し
中国にしても北朝鮮にしても「対話と協力」で解決できるような相手じゃないから苦労しているわけで、相変わらず「遺憾砲」だけでは何の解決にもならない。
飴と鞭を使い分けないといけないが、日本には鞭のカードがない。それをセットで戦略を練らないと、いつまでも状況は変わらないと思う。
名無し
てえことは、看過するってことですね
名無し
検討は早くやって明確な結論を。
自分の家族が対象者として考えたら悠長な態度ではいられないはず。
名無し
どんな法律を作っても、罰則も制裁もない法律など何の役にも立たない
やはり、この中谷は腰が引けている。今からでも遅くはない、中谷の更迭を
名無し
中谷を首相補佐官に据えたのは、内閣に取り込んで対中外交で好き勝手言えなくさせるためだったか。
名無し
さすが親中派w ここは親中派の腕の見せ所www
名無し
中谷が以前、超党派のマグニツキー法成立を目指す議員連盟の共同代表をやって、それが成立しなかった時、有本香氏が中谷は人権をもてあそんでいると言っていたが、その時は意味が分からなかったが、今回その意味が良く分かった。この男は人権なんて何も興味がなくてただ人権を保護しますよポーズを取っているだけの男で、人権なんて真剣に考えていないことが中国に寄り添って人権問題を解決すると言った言葉から分かった。任意的夫婦別姓やLGBTにも賛成の左翼政治家であることは保守の論客は中谷が補佐官になった時から言っていた。
名無し
中国に寄り添って解決した問題は何がある?





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.