時事ニュースのネットの反応まとめブログ

アノニマス ポスト

日本共産党の元ナンバー4 筆坂秀世氏が暴露 「共産党議員の文書交通費100万円は全て党が吸い上げていた」「現金を渡されたことも、振り込まれたこともない」「使用用途は不明」=ネットの反応「さすが赤い貴族」「ヤクザ組織やんwww」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




共産党の政策委員長だった筆坂秀世氏は、1995年から2003年まで参議院議員を務めた。
取材を依頼すると、「共産党の国会議員は、文書交通費を一度ももらったことがありませんでした」と言う。

「私たちのところに100万円が支給され、それを党に渡していたわけではないのです。現金を渡されたことも、振り込まれたこともありません。国会の事務方がどうしていたのかも分かりません」

まるでブラック企業!?

 文書交通費は共産党が吸い上げてしまい、プールした金の用途などは全くのブラックボックスだったという。

「考えてみると不思議ですが、文書交通費が渡されないという問題を党内で議論したことさえなかったですね。共産党の特有事情について言えば、選挙に関する費用は全て党が負担しているということは挙げられます。他党の国会議員のように、自分で費用を工面する必要がありません」(同・筆坂氏)

 共産党の場合、国会議員の歳費(給与)も党が一括して受け取り、党への“寄付”などを差し引いて渡している。

「昔は国会議員の秘書も地方議員も同じシステムでした。批判が出たことから全額を渡すようになりましたが、国会議員については変わっていないはずです」(同・筆坂氏)

 現在の共産党はサイトで「文書通信交通滞在費の使途」を公開している。

 そこには《文通費は1人ひとりの議員に支給されているが、当初からわが党衆参国会議員は、全員の合意をえて国会議員団の共同管理にして有効に活用する努力をしている》と明記されている。

 ちなみに2020年の分を見てみると、《文書費》は《コピー機リース料》などが計上され、約4200万円だったという。

 辻元清美・前衆議院議員(61)など4人が、秘書給与流用の疑いで逮捕されたのは2002年。翌03年には東京地検で有罪判決が下り、刑が確定した。

 その後も時折、政治家が秘書の給与を“ピンハネ”していたとする事件が報じられる。前出の担当記者が言う。

「共産党が国会議員の文書交通費を“ピンハネ”している問題は、詐欺罪など刑法に抵触するわけではないのかもしれません。しかし、文書交通費は国会議員の活動をサポートするためのものです。党が一括して受け取り、国会議員には一切渡さないというのは、立法趣旨から逸脱しています。今後、文書交通費を巡って国会で様々な議論が行われますが、共産党は“どのツラを下げて”参加するのかと言われても仕方ないでしょう」

日本共産党の「文書交通費」はブラックボックス 元議員は「月100万円は全て党が持っていく」
https://news.yahoo.co.jp/articles/b018184a6abbe15c0b2d8f010c249ebe327ae8dc




関連画像

関連ツイート

おススメ書籍 筆坂秀世著「日本共産党と中韓 - 左から右へ大転換してわかったこと」




管理人
ネットの反応
名無し
これが「多様性の統一」か
関連記事
日本共産党「多様性の統一で新しい政権を」 ⇒炎上中 =ネットの反応「お前も共産主義者にしてやろうか、って事か…」「立憲民主党と共産党が政権を取ると恐怖政治になることはわかった」

名無し
共産党では国会議員は政党の一員としての扱いをされてる
ただの雇われ議員なんだよ
名無し
使途違くね?
詐欺とか横領だろ?
名無し
まるで
ヤクザ組織やんwww
名無し
まあ別に驚かないけどね
名無し
驚きもしないしさもありなんだけど、文書交通費に関する他党への攻撃を全て無力化するものではあるな
名無し
大問題やん
名無し
筆坂もっとぶちゃけろ
今まで色々言ってるが、志位は何も反抗出来ないし
名無し
政党助成金貰ってないんだから当然だろw
名無し
意味が分からないな
全く別の金だろ
名無し
流石は共産党だな
独裁体制ってホントに怖い
名無し
そして豪邸が建てられ権力が維持されるシステムだろ
名無し
前になんかの募金を党の活動費に充てますとかツイしてる議員とかいたよね
名無し
熊本震災の時の募金な
名無し
共産党の議員は党の職員と同じ扱いなんでしょ
名無し
さすが赤い貴族





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2022 All Rights Reserved.