現代貨幣理論MMT名付け親ミッチェル教授が来日「麻生財務大臣の発言はナンセンス」「日本のように自国通貨で国債を発行できる国は借金の残高にこだわる必要はない」「日本ではもっと財政出動をするべきだ」~ネットの反応「その通り!」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

日本のように自国通貨で国債を発行できる国は借金の残高にこだわる必要はないという、MMT(現代貨幣理論)の名付け親が来日し、麻生財務大臣の発言を「ナンセンスだ」と指摘しました。

 ニューカッスル大学、ビル・ミッチェル教授:「日本の財務大臣は『MMTの実験場になる気はない』と言っているが全く無意味です。ナンセンスです」
 オーストラリア・ニューカッスル大学のビル・ミッチェル教授は「日本をMMTの実験場にする気はない」との麻生大臣の過去の発言について、「MMTは政策ではなく概念で、実験場にするかどうかという話ではない」と主張しました。
ミッチェル教授はさらに、国が借金をする際の制約は赤字額ではなくインフレにあるため、長い間、物価が低迷している日本ではもっと財政出動をするべきだとしています。
MMTを巡っては、7月にも提唱者の1人であるニューヨーク州立大学のステファニー・ケルトン教授が来日するなど、日本国内でも徐々に注目を集めています。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000168473.html

■動画

管理人
ネットの反応
名無し
麻生はわざと日本経済を潰そうとしてるんだよ教授
名無し
実験もせずに理論が証明できるのか
名無し
CO2悪玉論者にも言った方が良い
名無し
「ナンセンス」はかなり馬鹿にした表現
名無し
実験場ではなくもう既にやってるしな
名無し
やってない。逆をやってるから20年以上もデフレが続いてGDPが増えなかった
名無し
「自国通貨で国債を発行できる国は借金の残高にこだわる必要はない」

こんなのがまかり通ったら世界経済は大混乱に陥る
名無し
まったく逆だな
意味のない債務残高にこだわって
必要のない増税を行った国によって
世界経済が混乱を迎えようとしている
名無し
MMTなんてトンデモ理論を持ち上げてまで
麻生や安倍政権の批判するテレ朝は本当にバカだろ
名無し
MMTを理屈で論破してる奴はいないぞ
名無し
知ってた
名無し
ようするに「麻生は馬鹿」だと
名無し
MMTでも制約はインフレ率って言ってるから結局どこまで借金できるかって程度の話にきこえる
名無し
そのとおりだけどアホな政治家はその歯止めが効かないってことを懸念してるんでしょ
つまり自信がないのよ
名無し
家計なら、借金は、自分の所得で返すか財産を処分する以外に返済方法はない。
しかし国家には通貨発行権があるため、自国の通貨で発行した国債は通貨発行権によっていくらでも返済できる。
日銀券である紙幣の通貨発行権は実際は日銀が持ってるが、日銀は政府の子会社なので両者を統合して考えれば、通貨発行権は政府が持っていると考えて問題ない。
2019年3月末時点で、日銀は約450兆円の国債を保有。
国債の代金として、これだけの金額を銀行の日銀当座預金に振り込んでいる。
日銀当座預金と日銀券(現金通貨)は事実上同じもので、日銀は国債を買うために通貨発行権を行使する。
通貨発行権の行使には制限はないので、日銀はいくらでも通貨が発行できる。
つまり日銀はいくらでも国債を買い取ることができる。
これを政府の側からいえば、日銀が国債を買い取る限りいくらでも国債を発行できる。
ここが家計と根本的に全く異なる点な!
明らかに、財務省はわざと家計と国家財政を混同させている。
混同させた方が、国家の財政危機をでっち上げ国民に増税をアピールしやすいからだ。
しかもわざわざ財務省HPに載せている。
これは、森友問題での公文書書き換えが比べ物にならないぐらい重大で犯罪的な行為。
財務省による悪質な情報操作だろ!( 怒り )
名無し
MMTについて理解すれば、改めて財務省が分けの分からないことをやっているのが分かる!
そもそも政府は「 徴税し、それを元に予算執行 」 しているわけではない。
毎年、まず政府が短期証券を発行。日銀がそれを直接引き受け、日銀当座預金を設ける。
政府は予算執行の際、請負業者に対して政府小切手を振り出し支出する。
税金を徴収するのは、その後。
つまり、別に政府は税収がなくても普通に支出できる。
というか、している。
なんで財務省的プライマリーバランス絶対主義は全くもって意味がない!
この現実をMMTではスペンディング ・ ファーストと呼んでいる。
日銀の国債引き受けについて、財政法5条で禁じられている! と否定しようとする人は、そもそも毎年膨大な国家予算規模の政府短期証券を日銀が直接引き受けているという現実を直視しなければならない。
ちなみに国債にせよ政府短期証券にせよ、統合政府で考えれば相殺になってしまうため、債務不履行の可能性はゼロw
これを理解すると、税金は国民から政府への所得移転でしかないことが分かる。
無論、税金には、ビルトイン ・ スタビライザーや所得再分配、日本円の使用を強制するなど、複数の役割があるが、少なくとも 「 政府の負債返済 」 のためには必要ない。
ところが、財務省は消費税を増税し、ガチで負債返済 ( 財政赤字圧縮 ) をやっていたわけで、完全に 「 頭がおかしい 」 財政運営を続けている! ( 怒り )

名無し
バカの連呼で国民に金をばら蒔けとしか言わない、MMTに背乗りする中核派山本太郎られいわバカサヨって、MMTの元ネタであるケインズすら読んだことねーからな(苦笑)
ケインズが「 政府債務の増額について意外と厳しい 」と言われる所以は、ケインズは年金制度には賛成だったが、生産者年齢層へのナマポばら蒔きには反対だったから。
ナマボばら蒔きは、ただの所得移転。
全額消費に回されたところで、経済成長に貢献する乗数効果はほとんど現れない。
しかもケインズはナマポばら蒔き政策に対して、「 国民を怠惰にし、経済成長への制約条件になるだけ 」「 ばら蒔きを大型化恒常化すると、国家経済への信認を棄損し通貨が暴落する恐れがある 」と心理的財政規律にまで言及し、代わりにクーポンとカフェテリアを組み合わせた現物支給制度を唱えた。
年金など必要不可欠な社会保障は、あくまで保険制度で賄うべきとした( ちな年金の財源に税を投入してるバカな国は、先進国では日本だけ )。
また公共事業についても、実も糞も何でも賛成したわけではなく、あくまで経済的な効果効率を重視した。
・・・まあ今はマイナス金利時代なので、
国債を財源とすると全ての公共事業はもちろんばら蒔きすら経済効果がプラスに出ちゃうんだけどなw
名無し
今、国債は15年ものまでがマイナス金利だが、何と!政府は国債を発行すればする程儲かってしまう。
何しろ、国債を1000兆円発行すると、マイナス金利なので1025兆円程度の収入金になってしまうからだ!
年金のオフバランスの特別会計債務を一般会計に計上すると政府債務は2500兆円を超えるが、さらにいうと地方自治体の債務も連結決算で考えると統合政府債務は3000兆円を超えるが、これを毎年借り換えるだけで負債が減るのでネズミ講が可能になり、将来世代も利益を得てしまうw
もはや債務残高そのものは、全くもって何の問題もないどころか、マイナス金利下では宝の山と化す!!wwwww
また、公共事業の国交省採択基準は B/C>1 だが、マイナス金利なら無コスト資金になり公共事業の便益は自動的に費用を上回るためB = ∞ となり 、「 無制限国債 」になるので全ての事業が無条件で採択されてしまうwww
( しかし何故か国交省は不合理な現在価値割引率4%を未だ採用している )
こんなに好条件が揃ってるのに、この期に及んで国の借金返済と称して消費増税を行い国民を苦しめる悪の政府と財務省帝国が存在するという。。。怒り怒り怒り!
名無し
そもそも政府債務の発行条件をインフレ率に頼ることの是非から考えなきゃな。
特に今の雇用や賃金までグローバル化し先進国では低インフレが常態化つつある世界でそれが適切な指標に成るのかをね。
平時だけじゃなく危機時にセーフティーネットも含め機能するのかってな。
名無し
現代の貨幣発行のしくみを理解すると、
税収のプールから財政出動するという家計簿理論が前時代の間違いだとわかる。
財政出動は全ての国がやってるけど、指標がインフレ率だというのが
MMTの核心。
名無し
もっと財政出動して大丈夫かどうかは実験じゃないか
名無し
借金できる額はインフレ率が決めるってこと
今は人が何の根拠もなく借金が1000兆円あるからもう無理と勝手に言ってるだけ
名無し
インフレ率ってなんですか?金利?
名無し
消費者物価指数と言う経済指数だよ
名無し
買い物行ったらわかると思うんですが、日本の物価は上昇してると思うんですけど
そしたらMMTできないじゃないですか?
名無し
それは消費税で名目物価を強制的に引き上げたから
消費税を止めることがまず前提なんだから、今の物価上昇は無くなるよ

名無し
国債発行の手順を理解して欲しい。
国債発行(財政赤字)が通貨(預金)供給量を増やす。
(1) 銀行が国債を購入すると、銀行保有の日銀当座預金は、政府の日銀当座預金勘定に振り替えられる
(2) 政府は財政出動の際に、請負企業に政府小切手で代金を支払う
(3) 企業は政府小切手を銀行に持ち込み、「政府からの取り立て」を要求する
(4) 政府小切手を受け取った銀行は、相当する金額を企業の
  預金口座に記帳する(新たな預金の創造)←(信用創造)★
   同時に、代金の取り立てを日銀に依頼
(5) 日銀は、「政府保有の日銀当座預金」の該当額を、「銀行保有の日銀当座預金」に振り替えられる(日銀当座預金が戻ってくる)。
(6) 銀行は、戻ってきた日銀当座預金で、再び国債を購入することができるというプロセスで、国債発行(財政赤字)が通貨(預金)供給量を増やす。
国債発行の手順 

名無し
国債の発行なんかしないで刷ったお金をそのまま使えば良いだけなんじゃないの?
そしたら政府の借金も増えず、気にする必要があるのはインフレ率だけって事にならない?
名無し
徴税能力を信用力に取り込まないと発行できない
いざとなったらおまえらの貯金(有価値資産)は取り上げるという強制権
名無し
国債の発行は、日銀が金利を調整するため。
準備預金の量を調整するため。
名無し
トリクルダウンの実験場にはされたんだけどなwww
もちろんそんなものは無かったがwwwww
あーそれと、金持ちや公務員優遇しつつ消費増税にどれだけ大衆がガマンしてくれるのかの実験場にもされてるなwwww
名無し
麻生は財務省の傀儡

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする