中国工作員、英議会で暗躍 英情報機関MI5が異例の警告 「政治家や著名人を欺き、共産党の目的を支持する発言や行動を取らせ、批判的な声を封じることを目指している」と指摘 ⇒ 門田隆将氏「日本ではとっくに“日常”です」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




 【ロンドン時事】英国でスパイ活動の阻止などに当たる情報・治安機関、保安部(MI5)は13日、中国共産党の命を受けた女性が英議会で活発な影響工作を行っているとして、議会に異例の警戒を呼び掛けた。

 この女性はクリスティン・リー氏。英メディアによると、英国籍を持つ弁護士で、ロンドンなどにある法律事務所の創立者とされる。ホイル下院議長は13日、MI5の警告書を議員に一斉送付した。

 MI5によれば、リー氏は共産党の海外工作や政治介入の中心組織である中央統一戦線工作部と連携。「英中プロジェクト」や「中国海外友好」などの事業名目で、複数の政党、議員らに対する献金に関わってきたとされる。BBC放送によれば、これまでに労働党や自由民主党の議員が少なくとも計42万5000ポンド(約6600万円)を受け取った。

 MI5は中央統一戦線工作部指揮下の活動について「政治家や著名人を欺き、腐敗させ、強制し、共産党の目的を支持する発言や行動を取らせ、批判的な声を封じることを目指している」と指摘した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2022011400346&g=int

中国工作員が「政治介入」 英議員に献金、MI5警告

英国内で情報収集活動を担う情報局保安部(MI5)は、中国共産党の工作員の女性が英議員らに対し、献金を通じて「政治的な介入」を行っているとして議会に異例の警告を発した。英メディアが13日報じた。

MI5は女性について、中国共産党で宗教や少数民族政策を担当する中央統一戦線工作部と連携して活動していると指摘。同部が人権問題などをめぐる英政界の対中批判をかわしたり、親中派の勢力伸長を図ったりしようとしていると警戒を促した。

BBC放送などによると、女性は運営する法律事務所を通じ、最大野党労働党のガーディナー下院議員に対して2014~20年に計約42万ポンド(約6500万円)を献金した。ガーディナー氏は13日、献金の事実を公表し、議員事務所で雇っていた女性の息子が辞職したことを明らかにした。

野党自由民主党のデービー党首も献金対象だった。女性の法律事務所は在英中国大使館の仕事も請け負っていた。(共同)
https://www.sankei.com/article/20220114-AUBIX5L2IBJBPL5FV3CLBXOS3E/

関連




管理人
ネットの反応
名無し
中国共産党から資金を受けてる新聞社もあるしな
名無し
自民の松下議員も中国人女性秘書を中国企業の費用負担で雇ってたから、事実上献金と同じだ。
秘書の肩書で永田町を公然と歩き回ってたんだからさらにタチが悪い。
名無し
例えば中共の党/政府職員か雇われた者は直接ロビー活動できないが、彼等が日本国籍の中共シンパを通じて社会運動や政治団体を立ち上げ、日本の政策を中共に有利な方へ影響させる働き掛けは違法でなく、現在も続いてる。そうした工作を警戒するのは、不可欠なリテラシーの1つ





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2022 All Rights Reserved.