ABEMA サッカーW杯カタール大会の放映権獲得 日本戦はテレ朝に“バラ売り” =ネットの反応「ABEMA良くやった!」「電通や民放テレビ局はもう虫の息だなw ま、それは国民にとって良いことなんだけども」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




ABEMA サッカーW杯カタール大会の放映権獲得、日本戦は全試合テレ朝に“バラ売り”の方向

今年11月に行われるサッカーW杯カタール大会の放映権をインターネット放送局「ABEMA」が獲得したことが3日、分かった。本大会の全試合を生中継することになり、地上波は同社と資本関係にあるテレビ朝日が、サブライセンスという形でABEMAから“バラ売り”される日本戦の全試合を放送する方向で話が進んでいる。

W杯の放映権の交渉は国際サッカー連盟(FIFA)から購入済みの電通と、NHKと民放から成るジャパンコンソーシアム(JC)の間で行われてきた。
年明けの時点で金額的な折り合いがつかず頓挫。「このままでは地上波どころか、日本でW杯の生中継を見られない異常事態」(電通関係者)の可能性があった中、ABEMAが急きょ名乗りを上げた。同社は昨年、大谷翔平が活躍した米大リーグ公式戦を生中継し注目されていた。

サッカーW杯の放映権料を巡っては、1998年のフランス大会で約5億円といわれていたものが大会を重ねるごとに高騰。18年のロシア大会では200億~300億円と40倍以上に跳ね上がった。

現在大詰めを迎えているアジア最終予選でも同じ事態が勃発。放映権はアジアサッカー連盟(AFC)を通じて中国の代理店が購入し価格が高騰。
日本のテレビ局が手を出せない中、英国のスポーツ専門動画サービス「DAZN」が独占契約。日本戦のホームゲームだけはテレビ各局に“バラ売り”され、かろうじて地上波で放送されたが、アウェー戦のテレビ中継はない状況。大一番の来月24日、アウェーのオーストラリア戦について日本サッカー協会の田嶋幸三会長が「自腹でも地上波の中継を考えている」と発言したほど、焦りを募らせている。

日本はW杯出場が危ぶまれていたが、1日のサウジアラビア戦の勝利で大きく前進。ABEMAが放映権獲得を決めたのはこの試合の前で「日本がW杯に出場できるか分からない中での決断に、電通も同社の藤田晋社長に相当感謝していた」(民放関係者)という。購入額は明らかになっていないが「200億円前後ではないか」(同関係者)とみられている。

日本戦以外のテレビ中継についてはNHKが参入を検討中。正式決定すれば、サブライセンスという形で地上波とBSで放送することになる。

 《「将棋チャンネル」や麻雀も》同社は昨年7月1日から大谷翔平など日本人選手が活躍する米大リーグの試合を生中継したことで注目を集めた。
11月に放送され話題となった「朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円」など、格闘家と一般公募の挑戦者が闘う“1000万円企画”も人気。
他にも、将棋のタイトル戦などを生中継する「将棋チャンネル」や、麻雀のプロリーグ「Mリーグ」の独占配信など多様なコンテンツを有している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/41d4b4f9879a288ae7adb64a46404b8b19ddf1c0




管理人
ネットの反応
名無し
よくわからんがつまりアベマでは放送しないんだろ
権利を買い取ったのがアベマで放送するのはテレ朝
アベマでも同時中継するかもしれんが
名無し
テレ朝がもらうのはサブライセンスだから、当然abema本体でも放送するよ
勘違いしてるみたいだが、もはやAbemaが主役やぞ、テレビの方が従属する立場
名無し
赤字続行中のABEMAというよりABEMAの赤字を補填し続けてるサイバーエージェントは金持ってるねぇw
というかNHKと民放合わせて200億すら出せんのか
日本のTV局はもはや斜陽産業だな
名無し
Abemaすご
ソシャゲでまた頑張って稼いで
名無し
ABEMA良くやった!
堪能させて貰うわ
名無し
電通や民放テレビ局はもう虫の息だなw ま、それは国民にとって良いことなんだけども
名無し
完全に立場が逆転している
YouTubeとテレビタレントの関係もそう
名無し
NHKはこれに金出すくらいなら受診料を下げろよ。Amebaだけでいい。
名無し
放送なかったらなかったで見ないからどっちでもええわ
名無し
テレビがインターネットに頭を下げてコンテンツを放送させてもらう時代が来たか
名無し
ウマ娘に感謝せねばならんな





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2022 All Rights Reserved.