厚労省が公式にデータを修正 →「ワクチン有効」は嘘だったの衝撃 =ネットの反応「周回遅れw それはもう前から指摘されてて、厚労省がそれをデータで表記しただけの話」「河野太郎がデマを吹聴してたというだけの話」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




厚労省が公式にデータを修正 →「ワクチン有効」は嘘だったの衝撃

今回は衝撃のレポートをお伝えする。

タイトル通り、厚労省が公式データ修正 →「ワクチン有効」は嘘だったという内容だ。

まずは手っ取り早く、キモのグラフからご紹介したい。

データ修正前はこのように、きれいにワクチン接種による感染予防効果が確認出来ていた。

ワクチンを打てば打つほど、感染者は減っているのがよくわかる。

これを見れば、

「ワクチンは打っておいたほうが良さそう!」

と言う感想になるのは当たり前だろう。

そして国も、こうしたデータを元にコロナワクチンは

「感染(発症)予防に効果あり」

と新聞広告を出していたし、報道各社もそのように報道していた。

忽那先生もこちらの記事で、この厚労省のデータを元に「ある程度感染を防ぐ」とされている。

というところまでが、これまでの流れ。

ところがなんと!このデータが「インチキ」だったと、厚労省が正式に公表したのだ。

厚労省は毎週、ワクチンに関するデータを公開するのだが、さる5月11日の発表から重大なデータ修正。

その結果がこちら。


出典:第83回(令和4年5月11日) 新型コロナウイルス感染症対策 アドバイザリーボード

拡大してみよう。

データ修正のあと、突如として水色の「未接種(の陽性者数)」が半分以下になった。そして、「未接種(の陽性者)」が半分以下になったせいで、「2回接種(の陽性者)よりも少なくなったのだ。

これはつまり、2回接種した人のほうが、未接種の人より、人口10万人あたりの陽性者数が多い、ということだ。

えっ?
ワクチン接種者のほうがコロナに感染しやすいってこと?

微妙な差だが、このグラフからはそういうことが読み取れる。

前文はリンク先で
https://agora-web.jp/archives/220518041211.html

関連記事




管理人
ネットの反応
名無し
( ´Д`)y━・~~
知ってた...
名無し
隠せなくなってきたな
デマ太郎どうすんの?
名無し
知ってた
名無し
『デマを信じないで!』と言ってた河野太郎がデマを吹聴してたというだけの話
名無し
どうでもいいけどさ腹立たないの?
名無し
いまさらやんw
名無し
周回遅れもいいところw それはもう前から指摘されてて、やっと厚労省がデータで表記しただけの話
名無し
年代のの差こそあれねワクチン接種と感染は全く無関係というだけの話





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2022 All Rights Reserved.