中村逸郎教授「ロシアのウクライナ侵攻は限界」と断言 クアッド首脳会合でロシアを名指しで批判しなかったことに「バイデン大統領にはロシアの終わりが見えているから」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




中村逸郎教授「ロシアのウクライナ侵攻は限界」と断言  国内は崩壊!?「復興に失敗すれば分裂も」

ロシア政治を専門とする筑波学院大・中村逸郎教授が28日放送のABCテレビ「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」(土曜前9・30)に生出演。ロシアのウクライナ侵攻について語った。

 中村教授は24日のクアッド首脳会合でロシアを名指しで批判しなかったことを取り上げて、「ロシアの危険度が高ければ、(親ロシアの)インドに徹底的に協力を要請したはず。それはしなかったのは、バイデン大統領にはロシアの終わりが見えているから」と指摘した。

 また、ロシア軍が地上勢力の3分の1を失い、高額報酬で兵士を集めているように兵士不足が深刻なことを紹介し、「ロシアのウクライナ侵攻は限界」と断言。ウクライナに派遣されているロシア兵について、「金もうけに走り、ウクライナ人を拉致して、家族に身代金を要求している」と明かし、士気が低下していることを告げた。

 さらに、戦争終結後について、「その先に見えるのはロシアの崩壊」とキッパリ。国際社会から孤立、国内で政府批判が増大、財政がガタガタなどの問題点を挙げて、「復興は全盛期のプーチン大統領でも困難。後継者のコバリョフ氏が復興に失敗すれば分裂もある」と予想した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/10ae0055ca22bf238cd15de813c681604cdc57e5




管理人
ネットの反応
名無し
この戦争が長引けば長引くほど『ロシア崩壊』は現実味を帯びると思います。
単にロシアをウクライナから追い出すだけなら『あと一息』という状況と欧米は見ていると思いますが、そこを少し引っ張ってロシアを経済的に困窮させ、内部崩壊につなげたいというのがアメリカなどの思惑というか、「本音」ではないでしょうか。
名無し
確かに、色んな意味で、ロシア派手詰まりにはなろう。
でも、プーチンは簡単には引き下がらないと思うんだがな。
名無し
そんな兆しは全く見えないけどね?国内が崩壊するようだったら今頃、反プーチンの動きが抑えきれなくなってると思うよ?ソ連崩壊も一年前くらい前から混乱状態だった。
ロシア軍の攻勢が失敗し限界を迎えているのは確かだろうが、それが国内の崩壊につながるほどとは思えない。
名無し
素人意見ですが、長い目でみたら、ロシアが持たない気はします。一時的に侵略がうまくいったとして、世界から経済制裁を受けながら、制圧した地域をどーやって維持し続けるのかな。
名無し
ロシアが東部戦線で頑張ってるのは、早めに停戦をしたいからです。これ以上長くなると、いろんな意味でまずいんですね。ウクライナもしんどいのでwin winだと思ってるのかもしれませんが、アメリカはそんなふうに思ってないですよ。
こんなところに、アメリカのえげつなさが分かります。仮に、ロシア優位に停戦しても、経済制裁は終わりません。
名無し
中村先生がおっしゃるように、来日したバイデン氏の話では、ロシアについてはもう先行きが見えており、対中が最大の懸念事項だと考えて居るような印象でした。日本向けかも知れませんが。
ロシア経済に付いては、これから何年も制裁が科せられ、本来ならロシアの産業改革や経済発展を担うはずの400万人に近い知識人や経済エリートが国外逃亡。多分、もう帰らないでしょう。いくらガスなどの資源が豊富とは言へ、50年前くらいに逆戻りするのかと。
北方領土も、海産物が日本に売れなくなると今の住人が居なくなるかも?なんて。
名無し
確かに、どんな形でこの戦争が終結しようとも、世界はもう露という国をビジネスパートナーとして見ることはないだろう。
資源がいくらあろうが、相手を信用する事はできなければビジネスは成立しない。
今の時代、経済的に世界から孤立したら正常に国家として存続する事は不可能。
このままでは未来は無いが、一体どうしようとしているのか。
名無し
大阪 ABCテレビ毎週土曜日朝9時30分より放送の「正義のミカタ」最近関東のマスコミの注目度高いね。コロナウイルス情報の木村盛世氏や経済情報の高橋洋一氏さらにロシア情報の中村悦郎氏など、この番組のコメンテーターの情報は頷ける情報がとても多いですね。





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2022 All Rights Reserved.