【東スポ】山上容疑者の背後に2つの反アベ団体か 捜査当局が重大関心 「団体の実名は明かせませんが… かなり好戦的な思想で反安倍」=ネットの反応「アベガーの団体か」「ありそうな話ではあるが、ウラが取れないとなんとも言えないな」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




安倍元首相銃撃の山上容疑者の背後に2つの〝反アベ団体〟か 捜査当局が重大関心

安倍晋三元首相(享年67)が今月8日、奈良市で行っていた参院選の街頭演説中に銃撃され、死亡した事件で、元海上自衛隊員の無職山上徹也容疑者(41)は、より殺傷能力の高い銃を選んだという趣旨の供述をしていることが12日、そうしたなか山上容疑者は複数の過激な“反アベ”の団体に所属していたとの情報が浮上した――。

(略)

そんな中で浮上したのが、山上容疑者は“反アベ”の団体に所属していたとの情報だ。

「山上容疑者はリベラル色が強い“反アベ”団体に所属していたのではないかと言われています。安倍氏の長期政権の“独善的”な姿勢を嫌う団体。会員は数千人規模です」とはテレビ局関係者。この団体は安倍氏だけでなく、父の故安倍晋太郎元外相、祖父の故岸信介元首相の安倍ファミリーをも敵視する。特に団体幹部は、SNS上で安倍氏を攻撃していた。

 山上容疑者は奈良県警の調べに、動機について「安倍氏の政治信条に対する恨みではない」と供述。同関係者は「その団体の中で積極的に活動していたというより、団体の活動を“支持”していたのではと言われている」と話す。この件について団体幹部に「山上容疑者は団体会員か」と問い合わせたが、折り返しはなかった。

 それだけではない。捜査当局はもう一つの過激な団体にも注目している。事情に詳しい関係者の証言。

「団体の実名は明かせませんが、かなり好戦的な思想で、やはり反安倍。しかもこの団体の背景がかなり不気味で、闇に包まれている。山上容疑者が洗脳された可能性がないか重要調査対象となっています」

実際、山上容疑者は取り調べで「安倍氏が旧統一教会とつながりがあると思い込んで犯行に及んだ」という趣旨の供述をしているという。この「思い込んだ」と発言している点がポイントで、当局は山上容疑者が何者かに知らず知らずのうちに“洗脳”された線も探っている。
  
 ここで思い出されるのは1963年11月22日、遊説先のテキサス州ダラスで起きた第35代米国大統領ケネディ暗殺事件だ。単独実行犯とされたオズワルドも逮捕直後にジャック・ルビーによって射殺された。死の直前にオズワルドが「I’m just a patsy(ハメられた)!」と残した言葉から、何者かがオズワルドを“洗脳”したとの見方は根強い。山上容疑者が“洗脳”されていたとするのは現時点では臆測の域を出ないが、もし自分の人生が誰かが描いたシナリオ通りに歩まされていたとしたら…。事件は異様な展開を見せている。

https://www.tokyo-sports.co.jp/social/4317941/
https://archive.ph/A1HAT




管理人
ネットの反応
名無し
俺の言った通り
名無し
東スポではどうも
名無し
東スポかよぉ…
名無し
反社勢力とつながっていた可能性もあるわけか
名無し
関係者だけじゃなくて、元幹部とか出せや
名無し
東スポぱねえな
思い込んだって山上が本当に言ってると思ってるのか
名無し
名前無いとキツいわ
名無し
ありそうな話ではあるが、ウラが取れないとなんとも言えないな
名無し
全然具体的じゃなくて誰だよって言いたくなる
名無し
反アベ団体ってなかなかのパワーワード
名無し
アベガーはマスゴミ関係者ばかりだからな
名無し
アベガーの団体か
名無し
まあ可能性としては探った方が良いだろうけど、犯行に組織的っぽさが感じられないと言うか
名無し
こういう不確実な情報はどうかと
言うなら団体名も言わないと



名無し
(本当なら)牽制
(嘘なら)いつもの東スポ
名無し
はぁ?団体名も関係者の名前も出せないなら
何の意味もない記事だよ
名無し
明治学院ってなんか関係ある?警察ウロウロ
名無し
立憲民主党と共産党?
名無し
直接手を下すことはないから
それらの子飼いの組織じゃね
名無し
30年も前の怨恨とかおかしいなとおもっていたらやはりな
名無し
反安倍調べられるぞ
こたつで震えてろ
名無し
こたつの季節ではないなww
名無し
モリカケ桜で執拗に個人攻撃してる団体とかもあったな
名無し
アベガー教の信者だったわけか
名無し
東スポは学級新聞だと思って読んでる





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Share: