前統合幕僚長・河野克俊「安倍元総理は硫黄島の飛行場の滑走路で、突然ひざまずき、手を合わせた。 私には何が起きたか、分からなかった」 =ネットの反応「この安倍総理の姿は一生忘れない」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




安倍元総理は硫黄島の飛行場の滑走路で、突然ひざまずき、手を合わせた。 私には何が起きたか、分からなかった。 ~前統合幕僚長・河野克俊

第2次安倍政権で自衛隊統合幕僚長を務めた河野克俊氏が7月12日(火)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。第2次安倍政権での安倍晋三元総理大臣について語った。

飯田浩司のOK! Cozy up!』月曜日~金曜日 6時~8時 生放送
河野氏は、自衛隊の最高指揮官としての安部元総理を「常に自衛隊がいま何をやっているのか頭に入っていて、防衛安全保障の政策を考えていた方だった」と語った。

そしてシビリアン・コントロール(文民統制)に関して、かつては自衛隊と政治の距離を遠ざけることが主流だった。しかし安倍元総理の「コントロールするなら距離が近い方がいい」という考えのもとで、自衛隊と政治の距離が縮まったと解説した。

また2013年の安倍元総理の硫黄島(太平洋戦争末期の1945年2月およそ1ヵ月間にわたり旧日本軍とアメリカ軍が激しい戦闘を繰り広げた地)訪問について「お見送りの際、飛行場の滑走路で突然、ひざまずかれて手を合わされた。恥ずかしながら私はどう対応していいのか、わからなかった。よく考えてみると滑走路の下にご遺骨が眠っている。それを安倍元総理はご存じだった。自然とそういう行動に出られた。戦没者に対する哀悼の念が深い方だと心底思った。おそらく日米双方のご慰霊に対して敬意を表された」と語った。

さらに河野氏は、安倍元総理と同じ昭和29年(1954年)生まれについて「我々の上の世代は団塊の世代。学生運動など激しい運動をされていた方たち。我々世代は冷静になってきた世代なのかなと。そういう部分で私と安倍元総理、相通じるところがあったと勝手に思っていた」と語った。

https://news.1242.com/article/373008

関連ツイート





管理人
ネットの反応
名無し
安倍元総理は日本を毅然とした国家にする為、また国民の生命財産を守る事に努力してくれた。
今後もそんな総理が現れる事を祈りましょう。
名無し
滑走路にひざまずいた有名なシーンで、お隣は硫黄島の戦いでの日本軍トップ栗林陸軍大将の孫の新藤衆議院議員。英霊を前にしてお二人の溢れる想いが伝わる
我々がこうして自由に平和に生きていけるのは英霊の犠牲のおかげだということを再認識

名無し
この話は河野提督に直接伺った。本当に素晴らしい #内閣総理大臣 だった。あまりに惜し過ぎる。
写真の #新藤義孝 元総務大臣は、小笠原兵団長栗林忠道陸軍大将のお孫さん。
名無し
「自然とそういう行動に出られました」安倍さんのエピソードは温かいものばかり。
名無し
メディアが絶対報道しない安倍元総理の一面
名無し
安倍前総理で真っ先思い出すことといえば、硫黄島訪問の際に滑走路下で眠る英霊方に「踏みつけて申し訳ございません」と土下座されたことでしょう。これは一生忘れないと思う。





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2022 All Rights Reserved.