中国で多くの旅客機のフライトをキャンセル 中国軍が広い範囲で民間機の運航を規制したうえで何らかの対抗措置を準備か =ネットの反応「中国はここまで騒いでしまっては後戻り出来ないのではないか?」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




中国で多くの旅客機キャンセル 軍が対抗措置準備か

アメリカのペロシ下院議長が台湾に到着すると報じられている2日夜、中国で多くの旅客機がキャンセルとなったことが分かりました。

中国では台湾の対岸に位置する福建省などの沿岸部だけでなく、内陸部でも夕方以降の便を中心にキャンセルが相次いでいます。

ペロシ下院議長は夜、台湾に到着すると報じられていて、中国軍が広い範囲で民間機の運航を規制したうえで何らかの対抗措置を準備している可能性があります。

テレビ朝日
https://news.yahoo.co.jp/articles/8dca24b2d91ea33505d209a1ea4d5a48e046786d




管理人
ネットの反応
名無し
台湾にペロシ氏が行くことが、中国はそれほど恐れている証拠ですね。アメリカが台湾を認めたら、他の国も認め始める。一つの中国は変わらないが、正当性のある中国は台湾政府だと国際的に認知されることを恐れている。そうなれば中共は自身の政府の正当性を根本から台湾に奪われてしまう。極端な例をあげれば、国連常任委員会に台湾が入り中国が抜ける。今はあり得ないが、国際情勢が変化すれば、将来はあり得るかもしれない。国際的に孤立することを恐れている。
名無し
ペロシ下院議長が台湾を訪問すれば、中国が台湾に軍事侵攻したら必ずコミットするというメッセージとなる。軍備が拡大しても、台湾に軍事侵攻する大義名分がなければロシアのように戦略的に失敗するだろうし、兵の士気も上がらない。台湾海峡に戦闘機爆撃機を大量に飛ばして、金門島付近で砲艦外交と軍事演習で威嚇するだろう。防空識別圏を超えて領空に侵入してくることも考えられるし、何か中国側が仕掛けてくるのはあるかもしれない。しかし、蔡英文政権にとっては心強い後ろ盾となるだろうし、これで中国もうかうか手を出せなくなる。



名無し
まだ中国はアメリカには勝てないから絶対に動かない。そんなにバカではない。でもいつか動く時が来るかもしれない。その前に西側は絶対に負けない様にしとかないとダメ。向こうが動けない様にしないと。
名無し
ペロシ議長の信念の強さに敬服
名無し
中国側も万が一衝突が起きた場合に備えて準備をしているということだね
名無し
中国はここまで騒いでしまっては後戻り出来ないのではないか?
名無し
お盆に与那国島の実家の墓参りに行くつもりなんだが
行けるかな?
名無し
もしアメリカNo.3のペロシが台湾の地を踏むようなことがあれば、それは台湾が独立した国家であるということを世界に示すものです。
つまり台湾に入るのに中国なんて関係ないということになります。一国二制度なんてものは言葉だけ。現実は国として分かれてるということを世界に示すものになります。中国が負けることを意味します。
そうなれば日本も台湾国と国交を持てばいいでしょう。逆にしょーもない中国とは断交してもいいくらいでしょう。
名無し
なんかあったら、米軍はすかさず攻撃を開始するんだろうね。
そういう命令が出いるのを中国が知っていて、その措置なんだろう。
アメリは本気ですよ。
ビビりの中国。
名無し
もと何かあったら、即刻中国が持っている米国債は凍結される





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2022 All Rights Reserved.