志位委員長が共産党創立100周年で講演 産経新聞「上意下達の党指導部の独裁を可能にすると批判されてきた組織原則『民主集中制』を堅持する方針も示した」⇒ 他のマスコミは『民主集中制』に全く触れず報道

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




産経新聞
志位委員長が共産党創立100周年で講演 分派許さず「民主集中制」堅持

共産党の志位和夫委員長は17日、東京・渋谷の党本部で党創立100周年記念講演を行い、「対米従属」と旧ソ連や中国による干渉などを否定した昭和36(1961)年の党綱領を重視する姿勢を強調した。上意下達の党指導部の独裁を可能にすると批判されてきた組織原則「民主集中制」を堅持する方針も示した。

志位氏は大正11(1922)年の党の誕生を振り返り、「日本社会発展の最大の障害物であった天皇絶対の専制政治の変革に正面から取り組む政党が日本に初めてあらわれた」と自画自賛した。また、「革命とは恐ろしいことでも困難でもない」と述べ、共産主義実現の目標を掲げ続けると強調。一方で最近の党勢後退を認め、「1960年代から1970年代のような強くて大きな党をつくろう」と呼びかけた。

講演では61年綱領路線を重視する姿勢を打ち出した。対米関係に関しては「日米同盟を絶対化して、『軍事対軍事』の悪循環に陥ることこそ最も危険な道。日米安保条約廃棄が国民多数の声となるよう、独自の取り組みを一貫して推進していく」と訴えた。

また、党の歴史で最大の危機は「旧ソ連と中国によって武装闘争を押し付ける乱暴な干渉が行われ、党が分裂に陥るという事態が起こった」ことだったと言及。1950年代に多くの死傷者を出した武装闘争に関して中ソ両国とその影響下にあった党の「分派」に責任があったとの見方を示し、「武装闘争方針の否定こそが61年綱領を確立する出発点だった」と訴えた。共産主義の評価を落としたロシアや中国とは一線を画し、武装闘争の責任は分派などにあると強調する狙いが透けてみえる。
https://www.sankei.com/article/20220917-25RSDI74KROJHGSJSY23TD3UWA/

↓他のメディア




テレ朝
日本共産党100周年 志位委員長「野党共闘」力説
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000268761.html

共同通信
共産、統一地方選で「反転攻勢」 結党100年、志位氏講演
https://nordot.app/943829166130118656?c=724086615123804160

時事通信
共産・志位氏「野党共闘しかない」 結党100年で講演
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022091700364&g=pol

朝日新聞
共産・志位氏、党の長期低迷に危機感 党勢は1965~66年の水準
https://www.asahi.com/articles/ASQ9K61HZQ9KUTFK00X.html?iref=pc_ss_date_article

毎日新聞
共産党創立100周年 「必ず反転攻勢を」 志位委員長が講演
https://mainichi.jp/articles/20220917/k00/00m/010/174000c

日刊スポーツ(朝日新聞系)
共産党志位委員長、党創立100周年記念講演で「どんな困難でも国民を裏切らない不屈性」を強調
https://news.yahoo.co.jp/articles/301ec3045c0159221c68acbece87456c83bbc382

動画
日本共産党創立100周年記念講演会 2022.9.17


※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2022 All Rights Reserved.