大阪の洋菓子店「マダムシンコ」、求人サイトへの募集で訴えられる 求人サイトで「月給35万円以上」⇒実際は約17万円… 会社側「広告は閲覧者を増やすために給与額を高く表示したものに過ぎない」「雇用契約の労働条件ではない」と争う姿勢

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




求人サイトで「月給35万円以上」、実際は約17万円…マダムシンコ元従業員が労働審判申し立て

 求人サイトの募集内容と実際の月給に10万円以上の開きがあったとして、洋菓子店「マダムシンコ」の元従業員の男性(46)が、運営会社「カウカウフードシステム」(大阪市)を相手に、未払い賃金約200万円の支払いを求めて大阪地裁に労働審判を申し立てていることがわかった。近年、求人サイトを巡るトラブルが相次いでおり、改正職業安定法が施行される10月から規制が強化される。

申し立ては8月。男性によると、昨年3月、求人サイト「インディード」を見て、マダムシンコの工場で菓子製造をする仕事に応募した。サイトには「月給35万円以上(残業代含む)」と記載され、人事担当者との面談でも試用期間(3か月)後の月給が35万円と口頭で説明され、採用された。

 勤務開始1か月後に示された雇用契約書には「基本給16万~25万円」と記されていたが、残業代の明確な記載がなく、男性は上司に「月給35万円」と口頭で確認し、署名した。しかし、試用期間中は25万円だった月給が3か月の期間終了後に約17万円になったという。男性は今春退職した。

 職業安定法は、労働者を募集する際に示した労働条件に変更があった場合、変更内容を明示するよう企業に求めている。

男性は求人サイトの内容で同社と合意したと主張。雇用契約書に署名した際、労働条件の変更について、明確な説明がなく、同意も成立していないとし、1年分の未払い賃金約200万円の支払いを求めている。

 9月28日の第1回期日で、同社側は求人サイトの求人広告が実態と異なっていたことを認めた。しかし、「インディードの広告は閲覧者を増やすために給与額を高く表示したものに過ぎない」などと主張し、「雇用契約の労働条件ではない」と争う姿勢を示した。

 男性は4月、淀川労働基準監督署に相談。同署は同月、雇用の際に労働条件を明確に示していなかったとして、労働基準法違反で同社に是正勧告した。

 同社は読売新聞の取材に「答えることはない」とし、インディードの運営会社は「求人情報の掲載の経緯はお答えできない」としている。

全文はリンク先で
https://www.yomiuri.co.jp/national/20220930-OYT1T50346/




管理人
ネットの反応

名無し
@R38com
主張が言い訳になってないの草
名無し
@KuroppeT
法律的にこれが問題無しならやりたい放題できるね!求人ではとりあえず月百万円うたっとこ!ってなるよ
名無し
@xxBelial_Pxx
これからはマダムシンコの洋菓子を食べる人は、その一口の美味しさの元となる従業員達の悔しさと苦しさと辛さ、有名洋菓子店で働いたものの裏切られた絶望感も味わいながら食べなければならないね。
「ん〜甘くて美味しい♪沢山の人の恨みつらみが良いエッセンスを出してるわぁ〜」みたいな( ̄ー ̄)
名無し
@rinpu5928
流行った頃は並んで買ったけど
先日スーパーの値引き品のとこで半額で買えました
不景気なんでしょうね
名無し
@nannnann072
よく昔テレビでてたねー、感じ悪かったけど
名無し
@akbol
契約書は正しく書いてあったのに、面談のときに口頭でも盛ってたんですね😨
広告は客寄せだとしても、、





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Share: