ロシア兵は戦う気ゼロ? 無傷のまま林の中に最新戦車を放棄して逃亡 =ネットの反応「ま、賢明だね」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




ウクライナと戦う気ゼロ? ロシア軍なぜ最新戦車もそのまま放棄・逃亡しちゃうのか

2022年2月のロシア軍による侵攻以降、果敢に戦うウクライナ軍は、これまでの戦闘でT-72やT-80といった戦車をはじめとして、様々なロシア軍戦闘車両(AFV)多数を鹵獲(ろかく)しています。なかでも話題になったのは、ウクライナ軍参謀本部が2022年9月19日に公式ツイッターなどで発表した、T-90M「プラルィヴ」の完全な状態での鹵獲報告です。同車は、東部ハルキウ州で発見されたと伝えられています。

【写真】ロシアが遺棄した最新戦車T-80BVやT-90Mなど

ロシア軍が遺棄したT-62戦車の前でポーズをとるウクライナ軍兵士(画像:ウクライナ軍参謀本部

ほとんど無傷のまま、林の中に遺棄されていたロシア軍のT-72戦車(画像:ウクライナ軍参謀本部)

T-90Mは、ロシアが誇る最新戦車T-14の配備の遅れを埋め合わせるために開発された、T-90戦車シリーズの新モデルで、事実上、ロシア最新鋭といえる戦車です。ロシア軍にとっては切り札だったはずの最新戦車が、なぜやすやすとウクライナ軍の手に渡ってしまったのか。この出来事も含めて、現在のロシア軍の状況を読み解いてみましょう。

全文はリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/a7b687060f613d0aad93880aaf574c6cfc687ee9




管理人
ネットの反応
名無し
人間、使命感とそれを果たす誇り無くして戦える訳がない。
自らの命を賭けて戦うには、そうまでして守りたいものが必要だ。
ロシアって国を守りたい気持ちは有るだろうが、別に祖国が脅かされている訳でも無いし。
名無し
だって、ロシア軍の戦車は最早、動く標的と化してますよ。
のろのろ戦場を動いてても、いつジャベリンが飛んできて、一発でやられるかも知れない。マトモな神経してたら、そんなのに怖くて乗っていられないよ。
名無し
この記事にある通りだと思います。
ロシア軍の多くの将校や兵が亡くなり、厭戦気分が蔓延しているのでしょう。
それに食料や燃料不足、寒さに耐えられるような服装も支給されていないんじゃないでしょうか。
名無し
>最低限はたすべき責任や任務すらはたせない(はたす気持ちになれない)、将兵の練度の低さ
 
と書かれていますが、確かに練度の低さにも問題はあるものの、それより大きい最大の問題は、ロシア兵にとって戦争に大義が見いだせないこと。
名無し
一般市民を徴兵してロクな装備も持たせずに前線に送りだせば、とにかく無事に捕虜になるのが最良の選択肢。たぶん最大の脅威は後ろから撃ってくるロシア軍の親衛隊。
誰だって人を殺したくないし、殺されたくもない。
暖かいものを食べて、暖かい寝床で眠りたい。
これからむりやり駆り出された一般市民が前線に送られたらロシア軍は崩壊するだろうと思う。
名無し
練度の低さもだが、戦車に乗る兵士は著者が言うようにエリート。それが易々と逃げるのは弾薬と燃料の補給が滞り片道切符の特攻のようなものだからです。
死ぬまで祖国に帰れないと思うからロシア兵は逃げるのです。
名無し
戦争は、いつの時代も“命よりも大事なモノがある”と言って始まり、“命よりも大事なモノはない”と言って終わるのです。
兵士自身のモチベーションが、ウクライナ側は前者でロシア側は後者なのです。
名無し
ま、賢明だね





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Share: