日本共産党、除名処分になった松竹伸幸氏と同時期に『党首公選制導入』を求めていた鈴木元氏について「調査中」⇒ 現役の共産党議員が批判「松竹⇒除名 蛭子⇒処分決められず 鈴木⇒放置… 党規約は公平ではないのか?志位的に、いや、恣意的に濫用がないのか?」

まずは、クリックのご協力をお願いします
 ↓↓↓m(__)m
 にほんブログ村 政治ブログへ





別の共産党員処分「検討中」「けしからん」と穀田氏

共産党の穀田恵二国対委員長は15日の記者会見で、党が除名処分を下したジャーナリストの松竹伸幸氏と同時期に著書で党首公選制導入などを求めていた党員の鈴木元氏について、「私は『けしからん』と思っている」と述べた。党京都府委員会で「調査中」であることも明らかにした。

党京都府委常任委員などを歴任した鈴木氏は近著『志位和夫委員長への手紙』で、「党勢を後退させた人が責任を取ろうとしないことを防ぐためにも、党首をはじめとする役員の選挙が必要」などと訴えていた。

https://www.sankei.com/article/20230315-YM5AKVERSZPVTBJ3IKN67ERHPY/



蛭子 智彦(南あわじ市議会議員)
@scjcp2001
共産党の市会議員です。地域のみなさん、党員の皆さんに支えられてきました。五期目の任期中です。共産党は今、大きな試練に立たされています。改革を遂げて前進するのか、ジリジリと後退するのか?まさに正念場です。




管理人
以下、共産党と強いつながりのある人々の意見
名無し
@b97aOTagjJVXbJj
まさに、規約の乱用だとおもいます。その基準を中央や機関ははっきりさせるべきです。
名無し
@kjhghg
濫用です。
ただ、多分、党機関にとっては規約というのはこう運用するのが本質なのではないでしょうか?
最近、そう思います。
名無し
@kjhghg
1) 機関側か有利にならないと進まない。
 
2) 機関側が勝つ以外のゴールは想定されていない。
 
3) だからその条件が整うまで、紆余曲折は続く。
 ↑
(結論)機関の言う「規約上は」は、方便以外の何者でもない。
名無し
@YujiHashimoto
聞く話によれば、共産党京都府委員会の幹部は、鈴木氏の立命館大学の共産党の後輩ばかりで、鈴木大先輩の処分に二の足御踏んでいるとのこと…
名無し
@kanekotos
恣意的やね。
名無し
@ieYmP8Mz0K5Fvjb
心配しなくても鈴木氏も間近ですよ
名無し
@CDr30
あなたや鈴木さんは「オレが委員長選挙に出て委員長になる!」ことを公言したか否かが要因になっている気がしてなりません。
松竹氏は明言しました。
1985年にも同じことがありました。
「伊里一智」で検索してみてください。




名無し
@logicalragnarok
つまり少なくとも巷間言われているような「異論即除名」などというのは事実ではないということの証左ですかね。
名無し
@331122megumi
叩いて楽しいですか。
離党する自由はありますよね。
名無し
@kamesan1959
はじめまして。党員ではありませんが、仲良くしていただいている引退議員さんは「所属組織の判断で、その上が了承したもの。中央は関係がない」を主張するために「同一条件でも処分は平等ではなく、訴願委員会も前例参考はしない」と言っていましたが、間違っているのでしょうか?
名無し
@tAMEOYAJI
蛭子さん・鈴木さん、すぐには処分できないってこと、とりあえずよかった。引き続き処分させない運動を。
松竹さん、党大会へ向け、粘り強く処分撤回運動を。
今、鈴木元『志位和夫委員長への手紙』読んでます。宮顕が後継者に不破志位を指名、志位が恣意的運営、思い付きの政策変更…酷いもんです
名無し
@nauciccafe
志位執行部独裁体制を「脅かす」影響力順。松竹氏の「党首選要請」と除名騒動は、世論−社会に大きく公開(全国紙が報道)されたため、党執行部は「早急」に切り捨てる必要があったと思われる。独裁体制の国見れば瞭然。支配に直接影響しなければ、放置/軽い処罰。影響大きくなると「弾圧」(→香港)。





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2023 All Rights Reserved.